紀州大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道24号標識

紀州大橋(きしゅうおおはし)は、和歌山県和歌山市内を流れる紀ノ川に架かる国道24号和歌山バイパスである。

1981年昭和56年)に紀州大橋架橋の工事に着手し、1987年(昭和62年)に完成し開通した。その後、渋滞が度々起こるようになったため、2003年平成15年)に紀州大橋区間(延長1.9km)の4車線化工事に着手し、2007年(平成19年)に新橋梁が完成した。その後は新橋梁の2車線を使用し、旧橋梁の耐震工事(支承総入れ替え)を行い、同年7月17日より4車線開通した。

同市内には他に和歌山北バイパスの「紀の国大橋」、和歌山県道752号和歌山阪南線の「紀ノ川大橋」などの似たような名称の橋が存在するため、混同されやすい。

概要[編集]

  • 旧橋梁開通年 - 1987年(昭和62年)
  • 4車線開通年 - 2007年(平成19年)7月17日
  • 全長 - 718.9m
  • 設計速度 - 80km/h
  • 旧橋梁道路有効幅 - 7.0m(全幅 - 10.5m)

所在地[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯34度15分6.8秒 東経135度13分10.6秒