糞禮記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

糞禮記 (: 분례기)は、韓国の小説家・方榮雄が1967年に発表した小説。 文学雑誌『創作と批評』に掲載された本作は、厠で生まれたことから糞禮と名付けられた女の一生を描いている。 本作はこれまでに何度か映像化されており、本項ではこれらの作品についても解説する。

映画[編集]

糞禮記
분례기
監督 ユ・ヒョンモク
原作 方榮雄『糞禮記』
出演者 ユン・ジョンヒ
イ・スンジェ
音楽 キム・ヒジョ
公開 1971年5月6日
上映時間 102分
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 朝鮮語
テンプレートを表示

糞禮記 (: 분례기、英題:Bun-Rye's Story)はユ・ヒョンモク監督による映画作品で、1971年5月6日に公開された。

あらすじ[編集]

母親が厠で産み落としたことからブンレ(糞禮)と名付けられた女は、貧困の中で育った。 ブンレは、既婚者のヨンパルに乱暴され、捨て鉢でヨンチョルの内妻となる。 ところが、ヨンチョルは賭博好きで家庭に関心がなく、しかも性的に不能だった。 ブンレは夫に尽くす一方、コン・ジョウシ(Kong Jo-shi)はブンレのことをあきらめきれずにいた。ある日、文無しとなったヨンチョルはブンレにつらく当たり、家から追い出す。 それを知ったジョウシがヨンチョルを殺した結果、ブンレは精神的に追い詰められて気が狂ってしまった。

キャスト[編集]

配給[編集]

1971年5月6日、本作は韓国の國都劇場にて18禁映画として公開された。観客動員数は 96,281人を記録した[1]

受賞歴[編集]

  • 最優秀監督賞(ユ・ヒョンモク)
  • 最優秀女優賞(ユン・ジョンヒ)
  • 最優秀女優賞(サ・ミジャ
  • 最優秀音楽賞(キム・ヒジョ)
  • 最優秀演技賞(男性部門)(ホ・ジャンガン)

フィルム紛失から再発見、そして再公開まで[編集]

本作のフィルムは所在不明とされてきたが、外国語版のプリントが韓国国外で見つかり、韓国映画振興委員会がそのプリントを修復し、2009年5月18日にソウル北部にある映画館で公開された[4]

テレビドラマ[編集]

プルレギ
분례기
ジャンル テレビドラマ
原作 方榮雄
脚本 チャン・クテ(장구태)
監督 イ・ジョンハン(이종한)
出演者 シン・ヨンジン
製作
制作 SBS
放送
音声形式2chステレオ放送(アナログ
放送国・地域大韓民国の旗 韓国
放送期間1992年1月20日 - 3月10日
放送時間毎週火曜日21時55分
テンプレートを表示

本作のテレビドラマ版は、プルレギ(분례기)というタイトルで、1992年1月20日から 3月10日にかけて韓国の放送局SBSのSBS月火ドラマ枠で放送された。

キャスト[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Bun-Rye's story(Bunlyegi)”. Korean Film Archive. 2011年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月23日閲覧。
  2. ^ "Grand Bell Awards". Koreanfilm.org. Retrieved 4 July 2009.
  3. ^ Awards from 분례기 (1971)” (Korean). KMDb Korean Movie Database. 2009年7月4日閲覧。
  4. ^ Lee Hyo-won. "Old Films Return With Foreign Dubbing". The Korea Times, 18 May 2009. Retrieved 4 July 2009.

外部リンク[編集]