ヨ・ウンゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
여운계
ヨ・ウンゲ
生年月日 1940年2月25日
没年月日 2009年5月22日(満69歳没)
出生地 日本 京畿道水原
死没地 大韓民国 仁川広域市
国籍 韓国の旗 韓国
身長 163
職業 女優、タレント
ジャンル 舞台劇テレビドラマ
活動期間 1962-2009
配偶者 チャ・サンフン[1][2](1963-2009)
著名な家族 1男1女
所属劇団 実験劇場
主な作品
宮廷女官チャングムの誓い
ヨ・ウンゲ
各種表記
ハングル 여운계
漢字 呂運計
発音: ヨ・ウンゲ
ローマ字 Yeo Woon-kay
テンプレートを表示

ヨ・ウンゲ漢字: 呂運計、ハングル: 여운계ラテン翻字: Yeo Woon-kay、1940年2月25日 - 2009年5月22日)は、大韓民国京畿道水原市出身の女優。政治学者で京畿大学校名誉教授のチャ・サンフンは夫。

舞台俳優となると同時に国営ソウルテレビ(現KBS)公開採用タレント2期生に採用されて芸能界にデビュー、1964年にはTBCタレント1期生に特別採用され、韓国初の連続ドラマ『雪が降るのに』に出演した[1][2]。以後、40年以上に渡り舞台・テレビドラマ・映画に出演してきた。

生涯[編集]

日本統治時代の1940年に京畿道水原にて誕生。ソウル特別市所在の舞鶴女子高等学校韓国語版在学中は放送部および合唱部に所属していた。高校卒業後は高麗大学校国文学科に入学。大学内の劇団に所属、『聖火』(성화/聖火)で舞台デビューした。大学演劇時代は、中央大学校在学中同じく大学演劇で活動していたパク・クニョン韓国語版と合わせて「大学劇のふたり」(대학극 2인)として名をはせた[3]。また黎明期のテレビドラマ業界でも共に仕事をすることになるイ・スンジェイ・ナックン韓国語版オ・ヒョンギョン韓国語版らと共に「大学劇第1世代」(대학극 1세대)とも称された[3]

家族は当初演劇活動に反対していた。このためヨ・ウンゲは「教職課程を履修して学業に戻ったが、席の空きがなく演劇をするしかなかった」と後にインタビューで振り返っている[3]

大学卒業後の1962年実験劇団(실험극단)に入団してプロの演技者としての道を歩みだした。同年公開採用タレントに採用されて国営ソウルテレビに入社、2年後の1964年にはTBCに特別採用され、韓国テレビ史上初の連続ドラマ『雪がふるのに』(눈이나리는데)に田舎の喫茶店のマダム役で出演した。これがテレビドラマへの初主演作となった[1]。1966年には李御寧の小説を戯曲化した『無翼鳥』の居酒屋の女将役、およびアーサー・ミラーみんな我が子英語版』の次男の婚約者アン・ディーヴァー役で東亜演劇賞韓国語版演技賞を受賞した[4]。 1968年にはチェ・ムリョン韓国語版が監督・主演した情を置いていくな韓国語版情 두고 가지마)で映画デビュー。この作品には彼女を含むTBC所属タレントが多く参加していたが、当時の映画界のスターであったチェ・ムリョンやキム・ジミ韓国語版と並んで主演女優のひとりに抜擢された[1]

1974年、『母』(어머니)で第10回韓国演劇映画テレビ芸術大賞テレビ番組部門演技賞(女優)を受賞[5]。1996年にはSBS演技大賞特別賞、2000年にはKBS演技大賞功労賞を受賞した[1]

2007年9月、KBS『ヨメ全盛時代韓国語版』出演中に腎臓癌にかかっていることが分かり、手術を受けるために一時的に降板し11月から現場に復帰した[6]。同時期に出演していたSBS『王と私』については、そのまま降板することとなった[3]。その後癌細胞が肺に転移し肺癌との闘病も行わなければならなくなったが、俳優としての活動を続けた。夫チャ・サンフンは後にインタビューにて、「妻は中毒という程演技活動をしていた。かつて自分は妻を拉致するように済州島にある別荘へ連れて行き療養させた」と告白している[1]

2009年には遺作となったKBS『チャンファ、ホンリョン韓国語版』にチャンファの姑ピョン女史役で出演。ヨ・ウンゲは本作品への出演を、事前に夫に打ち明けていたという[1]。しかし収録中に病状が悪化し、4月29日に降板、同役はチョン・ヤンジャ韓国語版が引き継ぐこととなった[7]

5月22日午後8時過ぎ、仁川広域市内の病院にて死去[3]。死去から2年後の2011年、第38回韓国放送大賞韓国語版功労賞を受賞した[8]

私生活[編集]

1963年に結婚した[9]夫チャ・サンフンとの間に1男1女がある。長女が5歳、長男が生後11か月の時、チャ・サンフンは留学のためフランスへ渡り、6年後に博士号を取得して帰国した。その間ヨ・ウンゲは韓国国内にとどまり、単身仕事と育児をこなしてきた[10][11]。長女は歯科医師として働く傍らNGO法人での活動をしている。2011年1月、長女は法人の活動仲間と共にKBS『クイズショー四銃士韓国語版』に出演し優勝を果たした[12]

作品[編集]

演劇[編集]

タイトル 原題 役名 備考
2005 ロバの影の所有権に関する裁判[13] 당나귀 그림자 소유권에 관한 재판 高麗大学校開学100周年記念公演
クリストフ・マルティン・ヴィーラントアブデラの人びと』第4章が原作[14]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

広告・コマーシャル[編集]

※一部、企業名をクリックするとCFの動画ページ(当該企業の公式チャンネル内)に飛びます。

企業名
1977 三立食品ハイミョン
1991 プガン薬品パラドンタックス
1996 ロッテ七星飲料ヘルスオレンジ・ヘルスアップル
2006 韓国ヤクルトチャンラーメンキム・スミ韓国語版と共演[18]

その他の活動[編集]

企業名
2000 高麗大学校国文学科校友交流会会長
2001 法務部犯罪予防委員会芸能人委員

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 임혜선 여운계, 연기 인생 48년 그가 걸어온 길 (朝鮮語) アジア経済 2009.5.22付記事
  2. ^ a b 문주영 ‘대장금 큰상궁’ 탤런트 여운계씨 별세…폐암 투병끝 69세로 (朝鮮語) 京郷新聞 2009.5.23付記事
  3. ^ a b c d e 윤고은 탤런트 여운계 씨 폐암으로 별세(종합) (朝鮮語) 聯合ニュース 2009.5.22付記事
  4. ^ 동아연극상 역대수상자 (朝鮮語) 東亜日報 2016.8.13 5:48 (UTC) 閲覧
  5. ^ 10회수상자·작품 (朝鮮語) 百想芸術大賞公式サイト 2016.8.13 6:21 (UTC) 閲覧
  6. ^ 김수진 신장암 투병 여운계, '며느리 전성시대' 연기복귀 (朝鮮語) star.mt.co.kr 2007.11.26付記事
  7. ^ 변인숙 여운계, ‘장화홍련’ 하차…전양자 뒤 이어 (朝鮮語) 東亜日報 2009.4.29付記事(修正: 2009.9.22、オリジナル: スポーツ東亜)
  8. ^ 길혜성 故여운계, 제38회 한국방송대상 공로상 수상 (朝鮮語) star.mt.co.kr 2011.8.23(オリジナル: マネートゥデイ)
  9. ^ 結婚 (朝鮮語) 東亜日報 1963.10.19 p. 7(NAVER内)。チャ・サンフンは記事中では「車柱勇(チャ・ジュヨン)」名義となっている。
  10. ^ 김미영 여운계 “결혼 후 佛 유학간 남편과 6년간 못만났다” (朝鮮語) NEWSEN 2007.12.7付記事
  11. ^ 佛서博士학위받은車相勲씨 (朝鮮語) 京郷新聞 1973.5.15 p. 5(NAVER内)
  12. ^ 박세연 ‘퀴즈쇼사총사‘ 첫 우승자 탄생…주인공은 故여운계 딸 外 (朝鮮語) star.mk.co.kr 2011.1.26付記事
  13. ^ 최은영 모교 사랑! 여운계, 이인혜, 장두이, 노회찬 의원의 캠퍼스 추억여행 (朝鮮語) レディ京郷 2005.7月号
  14. ^ 유영국 고려대, '소통' 중시한 연극 무대에 올린다 (朝鮮語) オーマイニュース 2005.5.11付記事
  15. ^ 6.25 TV特集劇 (朝鮮語) 毎日経済新聞 1980.6.7 p. 8(NAVER内)
  16. ^ 김태은 '왕과 나' 여운계, 신장염으로 하차..김수미 대타투입 (朝鮮語) star.mt.co.kr 2007.9.3付記事
  17. ^ ‘장화홍련’여운계 혼수상태 (朝鮮語) KBS公式サイト 2009.5.19付記事
  18. ^ 이규창 '40년 용띠' 여운계, CF서 '대장금' 변신 (朝鮮語) star.mt.co.kr 2006.5.8付記事

外部リンク[編集]

この記述には、ダウムからGFDLまたはCC-SAで公開される百科事典『グローバル世界大百科事典』をもとに作成した内容が含まれています。