銭の戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
銭の戦爭
各種表記
ハングル 쩐의 전쟁
漢字 쩐의 戦爭
発音 チョネ・ジョンジェン
ローマ字 Jjeonui Jeonjaeng
テンプレートを表示

銭の戦争』は、韓国SBSで放送されていたテレビドラマ。ここでは、番外編である「銭の戦争 ボーナスラウンド」についても述べる。また、「〜ボーナスラウンド」と区別するために以下「本編」と述べる。

2015年1月6日から3月17日まで日本版テレビドラマが放送された[1]。詳細は銭の戦争 (日本のテレビドラマ)を参照。

放送のフォーマット[編集]

BSイレブンデジタルで放送した「銭の戦争」は、韓国で放送した本編16話を、20話に編集しなおして放送した [2]BS朝日も全20話(現時点でボーナスラウンドは放送なし)他に、インターネット配信もあり。

日本での放送[編集]

日本ではBSイレブンデジタル2007年12月2日から2008年4月13日まで放送された(時間はJST)。全20話。なおこの後同じ時間に「銭の戦争 ボーナスラウンド」として番外編(全5話)が放送された。 アンコール放送も何度か行われている。2009年にはBS朝日でも放送があった。一部地上波でも放送あり。

あらすじ(本編)[編集]

借金地獄で路上生活者に転落した男が、自らヤミ金業者になって世の中に復讐する。 最終話でその男は壮絶な最期を遂げる。

主な出演者(本編)[編集]

主な出演者(ボーナスラウンド)[編集]

その他[編集]

韓国では本編が高視聴率で反響が大きく、韓国史上初の続編として「〜ボーナスラウンド」が作られ、 本編とともに高視聴率を博した。 「〜ボーナスラウンド」が後に作られクム・ナラとライバルのハ・ウソンは引き続き登場するものの本編とは別物であり、同僚でもある。パク・チニも実は少し出ているが、これも本編とは役が違う。 日本での「本編」の放送ではその結末に放送局の番組ページの掲示板に多数意見が寄せられる。

テーマ曲 Sweet Sorrow - 「Simple Life」

関連商品[編集]

本編のDVD BOXが1と2で出ている。「ボーナスラウンド」のDVD BOXもあり。 ドラマのサウンドトラックも出ている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 草なぎ剛、ドン底からはい上がる!韓国の話題作を日本でも映像化”. サンケイスポーツ (2014年12月1日). 2014年12月1日閲覧。
  2. ^ BS11「INsideOUT」プロデューサー日誌[1]

公式サイト[編集]

BSイレブンデジタル 日曜21時台
前番組 番組名 次番組
無し
銭の戦争
銭の戦争 ボーナスラウンド