匂いを見る少女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

匂いを見る少女』(においをみるしょうじょ、原題:냄새를보는소녀)は、2015年SBSで放映された韓国テレビドラマである。

匂いを見る少女
ジャンル テレビドラマ
脚本 イ・ヒミョン
演出 ペク・スチャン
出演者 パク・ユチョンシン・セギョンナムグン・ミンユン・ジンソ
オープニング 『匂いを見に行こう!』
エンディング LOCO、ユジュ,『偶然に春』
製作
制作 SBS
放送
放送国・地域 大韓民国の旗 韓国日本の旗 日本、他
放送期間 2015年4月1日 - 5月21日
放送時間 木曜日22:00-
回数 16
公式サイト

概要[編集]

3年前に起きた悲劇をきっかけに、“匂いが見える”という不思議な能力を身につけた少女と、まったく痛みを感じなくなった無感覚症の警察官の正反対なふたりが繰り広げる新感覚ミステリーラブコメディ。2015年のSBS演技大賞で、最優秀演技賞(パク・ユチョン)、特別演技賞(ナムグン・ミン)、10大スター賞(パク・ユチョン、シン・セギョン)を受賞した。

登場人物[編集]

水族館の職員だったが最愛の妹を何者かに殺され、その真相を自ら暴くため警察官になる。妹を失ったショックで痛みや味、匂いを感じることができない無感覚症になってしまった。

交通事故で記憶を失い、実の両親を亡くした事実も憶えていない。養父のオ・ジェピョを実の父だと信じ、父娘2人きりで仲睦まじく暮らしている。お笑い芸人になるのが夢だが一向に芽が出ず、劇団で下働きをしている。

完璧なルックスとカリスマ性で人気急上昇中のスターシェフ。レストラン事業を手広く展開し、チョリムをアルバイトとして雇う。いつも穏やかな物腰で優しい微笑をたたえているが、ふとした瞬間に冷静な表情を見せるときがある。

連続殺人事件の特別捜査班を指揮するエリートプロファイラー。知性と美貌を兼ね備えているが、どこまでも真面目でお堅い仕事人間。強力係の面々には煙たがられているが、唯一、ムガクとは特別な信頼関係で結ばれている。

ジェヒの友人で整形外科院長。オ・チョリムの過去について何らかのことを知っている。ムガクからは連続殺人事件の犯人として疑われている。

短期で荒々しい性格の強力係長。同じ警衛のヨムミを嫌っている。強力係に入ろうとするムガクを阻止しようとしたりもした。毎回外れる推理で、事ある毎にでたらめっ気がいっぱいだが、決して憎めない人物だ。

チョリムの養父。警備員をしているが、昔は刑事でムガク達が担当している連続殺人事件の捜査をしていた。

チェ・ムガクの妹。スクールバスで帰宅中に交通事故に遭い軽い怪我をしたため念のため病院へ運ばれる。病院に到着後、何者かによって首を切られ殺害される。

サウンドトラック[編集]

匂いを見る少女 OST
サウンドトラック
リリース
ジャンル ドラマ挿入曲
レーベル Loen Entertainment
テンプレートを表示
Disk1
#タイトル作詞作曲・編曲アーティスト
1.「あやふやで」  ジュビ,チャン・イジョン
2.「偶然に春」  LOCO,ユジュ
3.「初めは」  ケ・ボムチュ
4.「私は今日も」  Gemini
5.「Because of You」  MC The Max!
6.「全部であるから」  Sweet Sorrow
7.「Honey」  GFRIEND
8.「5分だけもっと」  NC.A, ToppDogg
9.「あの」  Jelly Cookie
10.「ありふれた別れ」  ソン・ユビン,キム・ナヨン
Disk2
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「匂いを見に行こう!」  
2.「愛の香り」  
3.「Green Eyes」  
4.「クォン・ジェヒ」  
5.「Smelly Mission」  
6.「同名異人」  
7.「Shadowy Memory」  
8.「KCSI」  
9.「感覚がなくて」  
10.「Split up」  
11.「笑いを探して」  
12.「別れの感じ」  
13.「君を送る」  
14.「Treadmill」  
15.「Psychopath」  
16.「SMELLS LIKE FUN」  
17.「FIND HIM」  
18.「Mission control」  
19.「Barcode killing machine」  
20.「HELL GATE」  
21.「Prosopagnosia」  
22.「RED SCENT」  
23.「Serial killer」  
24.「サクラ」  
25.「あら!」  
26.「匂いが見える」  
27.「あやふやソング」  
28.「私だけのテクニック」  
29.「警察庁の人々」  
30.「秘密の部屋」  
31.「感覚を探して」  

出典[編集]