第18回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

第18回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(だい18かい ぜんこくこうとうがっこう―せんばつゆうしょうたいかい)は、1988年3月26日から30日まで神戸市ワールド記念ホールで開催された全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会である。男子は能代工業が2年連続10回目、女子は名古屋短大付が初優勝を達成。

概要[編集]

  • 今大会はこの年の夏に兵庫県で開催された全国高等学校総合体育大会(インターハイ)のリハーサルを兼ねており、例年使われていた代々木第二体育館ではなく神戸市ワールド記念ホールでの開催となった[1]
  • この大会のみ出場校は28校。
  • 当時中継していたテレビ朝日の強い要望、さらには高校卒業後も大学や実業団でプレーする有望な3年生が秋の国体で引退して以降は翌年度まで大きな大会がなく、新チームに切り替わるために練習する環境さえままならなかった当時の状況を改善してもらいたかった大学や実業団の後押しもあり、翌第19回からは従来の3月末から現在の12月末へと開催時期が移行した[1]。そのため、今大会が3月開催としては最後の大会となった。

出場校[編集]

男子[編集]

女子[編集]

試合結果[編集]

男子[編集]

1回戦
  • 高崎商業 62 - 47 九産大九州
  • 育英 63 - 60 札幌光星
  • 興誠 87 - 74 豊浦
  • 初芝 88 - 60 相模工大付
  • 新潟工業 81 - 59 高松商業
  • 土浦日大 94 - 86 仙台
  • 中部工業 58 - 56 國學院久我山
  • 東海大四 86 - 69 四日市工業
  • 洛南 72 - 67 鹿沼東
  • 東海工業 85 - 52 膳所
  • 市立船橋 83 - 58 倉敷工業
  • 仙台第二 108 - 70 西脇工業
2回戦
  • 能代工業 80 - 42 高崎商業
  • 興誠 87 - 65 育英
  • 仙台第二 75 - 59 福岡大大濠
  • 市立船橋 83 - 79 東海工業
  • 北陸 77 - 45 中部工業
  • 洛南 92 - 63 東海大四
  • 土浦日大 99 - 75 京北
  • 新潟工業 86 - 73 初芝
準々決勝
  • 能代工業 117 - 64 興誠
  • 仙台第二 76 - 61 市立船橋
  • 北陸 65 - 43 洛南
  • 新潟工業 72 - 66 土浦日大
準決勝
  • 北陸 68 - 47 仙台第二
  • 能代工業 95 - 53 新潟工業
三位決定戦
  • 新潟工業 60 - 45 仙台第二
決勝
  • 能代工業 75 - 67 北陸

女子[編集]

1回戦
  • 札幌静修 81 - 78 薫英
  • 夙川学院 75 - 62 新居浜市商業
  • 大宮東 75 - 68 足羽
  • 湯沢北 74 - 64 東亜学園
  • 中村学園女子 78 - 66 市広島商業
  • 日立女子 73 - 54 八幡商業
  • 星城 71 - 60 桐生女子
  • 小山城南 68 - 43 長府
  • 野沢南 53 - 46 藤蔭
  • 明徳商業 71 - 68 札幌光蘭
  • 市立沼津 39 - 36 市立船橋
  • 純心女子 71 - 55 大曲
2回戦
  • 富岡 73 - 57 札幌静修
  • 夙川学院 57 - 43 大宮東
  • 中村学園女子 64 - 56 湯沢北
  • 名古屋短大付 114 - 49 日立女子
  • 星城 67 - 66 甲子園学院
  • 小山城南 64 - 51 野沢南
  • 市立沼津 84 - 59 明徳商業
  • 明星学園 74 - 51 純心女子
準々決勝
  • 富岡 101 - 61 夙川学院
  • 名古屋短大付 63 - 56 中村学園女子
  • 星城 65 - 63 小山城南
  • 市立沼津 47 - 45 明星学園
準決勝
  • 星城 66 - 51 市立沼津
  • 名古屋短大付 77 - 60 富岡
三位決定戦
  • 富岡 58 - 52 市立沼津
決勝
  • 名古屋短大付 86 - 61 星城

大会ベスト5[編集]

男子
  • 三浦祐司 (能代工業№4・2年)
  • 佐々木暢 (能代工業№5・2年)
  • 佐古賢一 (北陸№4・2年)
  • 村越直幸 (新潟工業・2年)
  • 阿部理 (仙台第二・2年)
女子

参考文献[編集]

  • 朝日新聞縮刷版1988年3月号

出典[編集]

  1. ^ a b 高校バスケットの“冬の選手権”、ウインターカップの魅力」その1 〜創造されるタイトルの価値”. スポーツナビ+ (2009年1月10日). 2016年6月21日閲覧。