竜田川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
竜田川駅
駅入口
駅入口
たつたがわ
Tatsutagawa
G24 平群 (1.4km)
(1.4km) 勢野北口 G26
所在地 奈良県生駒郡平群町西宮二丁目7-12[1]
駅番号  G25 
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 G 生駒線[1]
キロ程 9.3km(生駒起点)
電報略号 タツタ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
2,147人/日
-2012年-
開業年月日 1926年大正15年)11月1日*
* 臨時駅として。1930年昭和5年)12月19日に常設駅に昇格。
テンプレートを表示

竜田川駅(たつたがわえき)は、奈良県生駒郡平群町西宮にある、近畿日本鉄道(近鉄)生駒線[1]。駅番号はG25

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式1面1線のホームを持つ地平駅。ホームは下り側(東側、すなわち王寺方面に向かって左側)にある。棒線駅のため、王寺行きと生駒行きの双方が同一ホームに発着する。ホーム有効長は4両分。駅舎(改札口)はホームのやや生駒寄りにある。

自動改札機東芝製が設置されており、赤い自動改札機(EG-2000)は出場時2枚一括処理、PiTaPaICOCAに対応する。

利用状況[編集]

近年における当駅の1日乗降人員の調査結果は以下の通り[6]

  • 2015年11月10日:2,095人
  • 2012年11月13日:2,147人
  • 2010年11月9日:2,213人
  • 2008年11月18日:2,383人
  • 2005年11月8日:2,600人

駅周辺[編集]

駅前通り(北側)
駅前通り(南側)

駅の東約200mほどの場所に流れる竜田川が駅名の由来となっている[1]。 この竜田川は在原業平が著名な和歌に詠んだ紅葉の名所である[1]

また、烏土塚古墳や戦国時代の武将島左近ゆかりの山城である椿井城跡などの遺跡が多い[1]

1960年代には宅地開発が進んだことで人口が増加して駅の利用者が増加し、1988年(昭和63年)11月の近鉄の発表では1日の乗降人員は4,125人となった[1]

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
G 生駒線
平群駅 (G24) - 竜田川駅 (G25) - 勢野北口駅 (G26)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 塩路佳子 (2015年5月12日). “近鉄100年物語:竜田川 にぎわう日々、懐かしく”. 毎日新聞 (毎日新聞社) 
  2. ^ 『信貴生駒電鉄社史』近畿日本鉄道、1963年、22頁
  3. ^ a b 『信貴生駒電鉄社史』近畿日本鉄道、1963年、116頁
  4. ^ 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』3号 近畿日本鉄道 2、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月29日、18頁。ISBN 978-4-02-340133-4
  5. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年2月29日閲覧。 
  6. ^ 駅別乗降人員 生駒線 - 近畿日本鉄道

関連項目[編集]

外部リンク[編集]