一分駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一分駅
左が本駅舎、右が臨時改札口
左が本駅舎、右が臨時改札口
いちぶ
Ichibu
G18 菜畑 (1.1km)
(1.2km) 南生駒 G20
所在地 奈良県生駒市壱分町902-3
駅番号  G19 
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 G 生駒線
キロ程 2.3km(生駒起点)
電報略号 イチフ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
5,444人/日
-2012年-
開業年月日 1926年昭和元年)12月28日
テンプレートを表示

一分駅(いちぶえき)は、奈良県生駒市壱分町にある、近畿日本鉄道(近鉄)生駒線。駅番号はG19

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ地平駅。本駅舎は1番ホーム側生駒寄りにあるが、2番ホーム側生駒寄りにもラッシュ時専用の臨時改札がある。なお、互いのホームは構内踏切で結ばれている。便所は改札内にあり、男女別の水洗式

自動改札機東芝製が設置されており、赤い自動改札機(EG-2000)は出場時2枚一括処理、PiTaPaICOCAに対応する。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 G 生駒線 下り 王寺方面
2 G 生駒線 上り 生駒大阪難波奈良京都尼崎神戸三宮方面

利用状況[編集]

近年における当駅の1日乗降人員の調査結果は以下の通り[4]

  • 2015年11月10日:5,418人
  • 2012年11月13日:5,444人
  • 2010年11月9日:5,248人
  • 2008年11月18日:5,336人
  • 2005年11月8日:5,363人

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
G 生駒線
菜畑駅 (G18) - 一分駅 (G19) - 南生駒駅 (G20)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』3号 近畿日本鉄道 2、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月29日、18頁。ISBN 978-4-02-340133-4
  2. ^ 近畿日本鉄道株式会社 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』 近畿日本鉄道、2010年12月、870頁。全国書誌番号:21906373
  3. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年2月29日閲覧。 
  4. ^ 駅別乗降人員 生駒線 - 近畿日本鉄道

関連項目[編集]

外部リンク[編集]