穎明館中学・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
穎明館中学・高等学校
Eimeikan highschool.jpg
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人堀越学園
理念 Experience(経験)
Morality(道徳)
Knowledge(知識)
設立年月日 1982年9月10日
創立記念日 9月10日
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 完全一貫制
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 13746E
所在地 193-0944
東京都八王子市館町2600番地

北緯35度37分24.6秒 東経139度17分32.9秒 / 北緯35.623500度 東経139.292472度 / 35.623500; 139.292472座標: 北緯35度37分24.6秒 東経139度17分32.9秒 / 北緯35.623500度 東経139.292472度 / 35.623500; 139.292472
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

穎明館中学・高等学校(えいめいかんちゅうがく・こうとうがっこう)は、東京都八王子市館町に位置し、中高一貫教育を実施する私立中学校高等学校。高等学校においては生徒を募集しない完全中高一貫校[1]

概要[編集]

全日制課程普通科を設置している。堀越高等学校の兄弟校であり、学校長は両校とも堀越克明であったが、堀越が2011年に死去した為に穎明館の学校長は他者に引き継がれた(パンフレットより)。

中高一貫教育を採用している為、高校生は4年生~6年生と称される。5年生から理系と文系のコースにわかれ、6年生で国立理系・文系、私立理系・文系にわかれる。昼食は給食[2]または持参の弁当の選択制である。

沿革[編集]

交通[編集]

  • JR中央線京王高尾線高尾駅南口より
    • 京王バス 館ヶ丘団地行にて穎明館高校前バス停下車 徒歩2分
    • 京王バス 穎明館構内行にて穎明館構内バス停(記念館前)下車
    • 校内乗り入れの急行便(途中無停車)で、通常は構内行きは朝のみ、高尾駅行きは放課後のみの運行。学校祭開催時等には特別ダイヤが組まれる)
    • 穎明館構内バス停が設置されていなかった時期は、高尾駅南口から医療センター交差点経由(高24・八04系統の北館ケ丘経由便と同一経路)で穎明館高校前バス停発着となっていた。このため同バス停に於いては、8時過ぎになると、急行、各停とが入り乱れ3台ほどがまとめて停車する光景がよく見られた。

教育方針[編集]

Experience(体験)/ Morality(道徳)/ Knowledge(知識)

  • 高校過程では、教科によって定期試験等の成績を基に定められたグレード別で授業を行う。
  • 週6日制(1997年度までは第2土曜日も休みとされていた)。
  • 2006年度からは、1学期制を導入。この影響で、定期試験の代わりに「単元テスト」と称されるテストが始まった。
  • 鞄、カーディガンやコートなど学校指定のEMKブランドがある。
  • 開校当初はフォレストグリーンのジャケットにチェックの開襟シャツという個性的な冬服だったが、1988年に在校生が亡くなったため、翌年度からデザイン変更された。
  • かつてはホームルーム開始が9時、90分・70分授業やリフレッシュタイム(午前の中休み)といった独自の授業形態があったが、現在では一般の高校と大差がなくなっている。
  • 開校当初はホームルーム開始が9時20分で9時から自習タイム。自習タイムは2年で廃止→ホームルーム開始時間の繰り上げ。
  • 2019年、「EMK未来プロジェクト」と称して、教育プログラムの改革を実施。
  • 上記のプロジェクトにより、中学3年生から「アドバンストクラス」を設置。成績上位者を集め、中学校から習熟度別授業を行う。
  • 上記のプロジェクトにより、「EMK未来館」を導入。放課後、自学自習を行ってから帰宅する、という学校完結型の学習が出来るようになった。尚、スクールトーマスとの連携を取るとされている。
  • 生活三条(「一 希望の朝を迎え、二 勤勉の昼を過ごし、三 感謝の夕べを送る」)という宗教的なものを、朝のホームルームにて確認し、全員で唱和する。
  • 授業の前には、精神統一のため黙想をする。

施設[編集]

  • 体育館には室内温水プールがある。
  • 体育館屋上にはテニスコートがあり、テニス部が使用している。
  • 校内の複数箇所に自動販売機が設置され、「伊藤園[4]と「コカ・コーラ社」の飲み物を販売している。2019年後期よりセブンティーンアイスの販売が開始。
  • 無窮館内に天文台がある。ただし、通常は天文部のみ使用が許されている。[5]
  • 同じく無窮館内に、図書館が設置されている。
  • 体育館の隣に照明設備が完備された野球場がある。
  • 体育施設は姉妹校である堀越高等学校と共用している。
  • 敷地内に堀越学園八王子学習センターという建物があり、体育施設を共用する堀越高等学校のサッカー部、陸上競技部、硬式野球部の生徒が通学している。堀越高等学校のサテライトキャンパスのような扱いであるため、穎明館の生徒は特別な場合を除き立ち入り禁止である。

学校行事[編集]

  • 5月 - 球技大会[6][7]
  • 6月 - 1年菅平林間学校[8]、2年広島平和体験学習[9]、3年奈良京都体験学習[10]
  • 7月 - 4年生(高校1年生)を対象にアメリカ合衆国シアトルへの体験学習が行われる[11]。しかし1学期制の導入により、22期生から時期が7月から6月に変更になった。
  • 9月 - 文化祭、体育祭[12]
  • 11月 - 芸術鑑賞(1年は鎌倉校外学習、2年は狂言、3年は歌舞伎
  • 1月 - 新春百人一首大会(中学生対象)

著名な関係者[編集]

脚注及び参照[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 穎明館中学校の学校情報(中学受験パスナビ)の冒頭に「※系列高校での募集はない。」と掲示されている。
  2. ^ グリーンハウス委託。平成23年度まではシダックス。
  3. ^ このスクールバスは学校説明会、または行事公開時に限り、臨時ダイヤが組まれる。
  4. ^ この伊藤園の自動販売機は、全機に災害時用の手回し発電装置が搭載されている。
  5. ^ 2012年5月21日の金環日食の際には開放された。
  6. ^ 中学と高校に分かれて行う。
  7. ^ 2020年(令和2年)度は新型コロナウイルスの影響により中止となった。
  8. ^ ただし、39期生は新型コロナウイルスの影響により中止となった。
  9. ^ ただし、38期生は新型コロナウイルスの影響により中止となった。
  10. ^ ただし、23期生は豚インフルエンザ、37期生は新型コロナウイルスの影響により、中止となった。
  11. ^ ただし、当初は韓国訪問、19期生はSARSの影響によりオーストラリアへ変更、25期生は豚インフルエンザの影響により中止となり、11月にフランス・オランダに行った。また36期生は新型コロナウイルスの影響により中止となった。
  12. ^ 開校から2年間は生徒数が少ないため堀越高等学校と合同開催されていた

関連項目[編集]

外部リンク[編集]