稲田康志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
稲田 康志 Football pictogram.svg
名前
愛称 イナ
カタカナ イナダ コウジ
ラテン文字 INADA Koji
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1985-06-19) 1985年6月19日(33歳)
出身地 大阪府
身長 187cm
体重 84kg
選手情報
ポジション GK
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2010 ロアッソ熊本 12 (0)
2010-2016 柏レイソル 6 (0)
2017 アルビレックス新潟 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年1月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

稲田 康志(いなだ こうじ、1985年6月19日 - )は、大阪府出身の元サッカー選手。ポジションはゴールキーパー

来歴[編集]

小学4年生から箕面西南フットボールクラブでサッカーを始め、中学でサッカー部に入部。間もなく、セレッソ大阪のU-15に加入し、本格的にサッカーを始めた。U-18主将時にJユース選手権ベスト4を達成したが、トップチームには進めなかった。大阪学院大学では4年生で主将を務め、同大学の関西学生サッカーリーグ初優勝に貢献した。

その後自ら練習生を志願し、ロアッソ熊本に入団した。デビュー戦は、2009年4月5日J2第6節対コンサドーレ札幌戦(4-0)。この年は12試合に出たが、定位置確保までは至らなかった。

2010年7月28日菅野孝憲の出場停止・吉原慎也の引退・川浪吾郎の世代別代表への招集によりGK不足となっていた柏レイソルに期限付き移籍。2011年2月1日より完全移籍した。

菅野・桐畑和繁に次ぐ第3GKだったが、2012年は桐畑の負傷により開幕からベンチ入りを続け、同年4月28日サガン鳥栖戦でJ1初出場を果たした。2016年シーズン終了後に契約満了により柏を退団。

2017年よりアルビレックス新潟へ移籍したが、出場機会は無くシーズン終了後に契約満了により新潟を退団。

2018年1月、現役引退とベガルタ仙台のスクールコーチ就任が発表された[1]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2008 熊本 41 J2 0 0 - 0 0 0 0
2009 31 12 0 - 1 0 13 0
2010 21 0 0 - - 0 0
16 0 0 - 0 0 0 0
2011 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2012 4 0 0 0 0 0 4 0
2013 2 0 0 0 1 0 3 0
2014 0 0 0 0 0 0 0 0
2015 0 0 0 0 0 0 0 0
2016 0 0 0 0 0 0 0 0
2017 新潟 31 0 0 0 0 0 0 0 0
通算 日本 J1 6 0 0 0 1 0 7 0
日本 J2 12 0 - 1 0 13 0
総通算 18 0 0 0 2 0 20 0
国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFCACLクラブW杯
2011 16 - 0 0
2012 1 0 -
2013 0 0 -
2015 1 0 0 0
通算 AFC 2 0 0 0

個人タイトル[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “稲田 康志選手 現役引退のお知らせ” (プレスリリース), ベガルタ仙台, (2018年1月24日), http://www.albirex.co.jp/news/top_team/53974 2018年1月24日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]