稲垣長茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
稲垣長茂
Inagaki Nagashige.jpg
稲垣長茂像(天増寺蔵)
時代 戦国時代江戸時代初期
生誕 天文8年(1539年
死没 慶長17年10月22日1612年11月14日
別名 藤助、通称:平右衛門
墓所 群馬県伊勢崎市天増寺
幕府 江戸幕府
主君 今川義元氏真牧野康成徳川家康
上野伊勢崎藩
氏族 稲垣氏
父母 父:稲垣重宗
重綱則茂重大大久保忠知正室、
石川政次正室ら

稲垣 長茂(いながき ながしげ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将大名上野国伊勢崎藩初代藩主。鳥羽藩稲垣氏初代。

三河稲垣氏文明年間に、伊勢国から三河国宝飯郡に移住した地侍の家系。

天文8年(1539年)、稲垣重宗の長男として生まれる。

永禄元年(1558年)、牧野康成の与力となり、後に家臣となる。永禄年間の初期には、戦国大名今川氏に属して、松平氏(徳川氏)を圧迫し、桶狭間の戦い後も今川氏のため徳川家康軍と交戦した。やがて家康に恭順した康成に従って各地を転戦して武功を挙げ、駿河国興国寺、長久保、上野大胡城の守備などを任された。

天正18年(1590年)、家康が関東に移ると、牧野氏を離れて、徳川直参組となった。このとき上野山田郡勢多郡など3郡において3000石を与えられた。

慶長5年(1600年)の会津征伐時には、牧野康成の大胡城を守備した。慶長6年(1601年)には上野佐位郡で加増されて1万石の大名として諸侯に列し、伊勢崎藩主となった。

慶長17年(1612年)10月22日、74歳で死去した。家督は、長男・重綱が継いだ。