福田秀一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福田 秀一(ふくだ ひでいち、1932年11月19日 - 2006年4月23日)は、国文学者。

愛知県名古屋市出身。1945年都立一中を卒業し旧制武蔵高等学校入学、1951年卒業し東京大学教養学部理科入学、1955年文学部国文科卒、1960年同大学院満期退学、1975年「中世和歌史の基礎的研究」で文学博士成城大学助教授、1970年武蔵大学人文学部助教授、国際基督教大学教授、2003年定年退職。中世和歌の研究に始まり、海外の日本文学研究、晩年は近代日本人の西洋体験を研究した。2006年、敗血症のため73歳で死去[1]

著書[編集]

  • 中世和歌史の研究 角川書店 1972
  • 中世文学論考 明治書院 1975
  • 海外の日本文学 武蔵野書院 1994.4
  • 思い出の記 福田恵美子・岩波出版サービスセンター 2007.2
  • 中世和歌史の研究 続篇 福田恵美子・岩波出版サービスセンター 2007.2
  • 海外の日本文学 続 武蔵野書院 2007.6
  • 日本文学逍遥 新典社 2007.6
  • 文人学者の留学日記 武蔵野書院 2007.12

編纂など[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 福田秀一氏死去 国文学研究資料館名誉教授 - 47NEWS