福田邦三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福田 邦三(ふくだ くにぞう、1896年12月20日 - 1988年10月17日)は日本生理学者である。旧名川村邦三東京大学名誉教授、山梨大学名誉教授でもあった。実兄は川村清一川村多実二

経歴[編集]

東京帝国大学医学部卒、1932年医学博士。論文の題は 「蛙の筋が全困憊に至るまでに遊離するエネルギーに就て(英文) 」[1]名古屋帝国大学教授、戦後東京大学医学部教授、57年定年退官、名誉教授、のち山梨大学教授。

著書[編集]

  • 『実用ラテン文法初歩』克誠堂書店 1927
  • 『生物学者・医学者用物理学』橋田邦彦校閲 金原商店 1929
  • 『人体生理学の概略』科学書院、1938
  • 『人体生理学』南山堂 1949
  • 『人類遺伝学概論』村松書店、1949
  • 『精神の生理学』文光堂 1949
  • 『心理学序説としての精神の生理学』杏林書院 1970
  • 『実践保健学概論』杏林書院 1976 実践保健学シリーズ
  • 『茶の間の保健学』秋山房雄,飯田澄美子編 杏林書院 1989

共編著[編集]

  • 『生理学小実験』橋田邦彦共著 富倉書店 1926
  • 『一般生物学の概略』大川真澄共著 科学書院 1940
  • 『生物学者・医学者用物理学』訂5版 出射栄共著 金原商店 1940
  • 『一般生物学講義』大川真澄共著 南山堂書店 1948
  • 『体育学通論 体育と体力』長島長節共著 大明堂書店 1949
  • 『人体の解剖生理学』小川鼎三共著 南山堂 1957
  • 『保健衛生辞典』斎藤潔共編 同文書院 1962
  • 『日本人の体力 体力の国際比較』編 杏林書院体育の科学社 1968
  • 『特殊対象の保健学的支援』飯田澄美子共編著 杏林書院 1976 実践保健学シリーズ
  • 『健康危険の回避』杉田チヅ子共編著 杏林書院 1977 実践保健学シリーズ
  • 『健康不調者の支援』全3巻 飯田澄美子共編著 杏林書院 1977-79 実践保健学シリーズ
  • 『学校保健室の活動』飯田澄美子共編著 杏林書院 1980 実践保健学シリーズ
  • 『僻地保健の開拓』飯田澄美子共編著 杏林書院 1987 実践保健学シリーズ

脚注[編集]

  1. ^ 博士s論文書誌データベース