神奈川新聞花火大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神奈川新聞花火大会(かながわしんぶんはなびたいかい)は、1986年から2016年にかけて神奈川新聞が主催者となり、神奈川県横浜市内で開催していた花火大会

概要[編集]

1986年の花火大会初開催時には、山下公園前面の海上、1995年からは開発が進みつつあった横浜みなとみらい21地区前面の海上を打ち上げ場所として実施されていた。観覧可能なエリアが横浜港一帯および周辺の丘陵地に及ぶこと、また港の夜景と花火が一緒に楽しめることもあり、8月の風物詩として多くの観客を集めた。

しかしながらみなとみらい21地区の開発が進むにつれ、有料客席を設営できる大型空き区画が減ったこと、観客が路上にあふれて緊急車両の通行に支障を来すなど制約も増えたことから、神奈川新聞は社告にて2016年8月2日に開催した第31回大会を以って花火大会を休止することを伝えている[1]

事件[編集]

  • 1989年8月2日 ‐ 大会中に花火が暴発して花火師2名が死亡。

横浜市内の他の花火イベント[編集]

  • 新横浜花火大会(2018年)
  • 横浜スパークリングトワイライト(2012年-)
  • 鶴見川サマーフェスティバル(1986年-)
  • 金沢まつり花火大会(1964年-)
  • 横浜国際花火大会(1956年-2009年)
  • 花火シンフォニア(八景島シーパラダイスの不定期イベント)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 神奈川新聞花火大会休止のお知らせ”. 神奈川新聞社 (2016年8月24日). 2018年10月5日閲覧。

関連項目[編集]