海の公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
海の公園
Yokohama Umi-no-koen.jpg
海の公園から八景島を望む
海の公園の位置(横浜市内)
海の公園
分類 都市公園(総合公園)
所在地
神奈川県横浜市金沢区海の公園10
座標 北緯35度20分22.2秒東経139度38分6.5秒座標: 北緯35度20分22.2秒 東経139度38分6.5秒
面積 170,155m2
開園 1988年7月
運営者 横浜市(指定管理者:公益財団法人横浜市緑の協会
駐車場 1688台(有料)
公式サイト http://www.umino-kouen.net/
空中写真で見る海の公園付近の1977年から1988年の変遷1977年(昭和52年)撮影。 
空中写真で見る海の公園付近の1977年から1988年の変遷
1977年(昭和52年)撮影。 
1983年(昭和58年)撮影。八景島の造成工事が始まっている。 
1983年(昭和58年)撮影。八景島の造成工事が始まっている。 
1988年(昭和63年)撮影。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
1988年(昭和63年)撮影。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
八景島駅ホームから望む海の公園(2015年7月)
八景島駅ホームから望む海の公園(2015年7月)

海の公園(うみのこうえん)は、神奈川県横浜市金沢区にある都市公園(広域公園)である。施設は横浜市が所有し、公益財団法人横浜市緑の協会指定管理者として運営管理を行っている。

金沢地先埋め立て事業の一環として整備された。横浜市内で唯一海水浴場が有る海浜公園。海水浴場の砂は対岸の千葉県富津市の山砂を運び、海底に5年ほど仮置きしたものを使用した。公園部分の埋め立てには、能見台の開発で発生した土を使用した。八景島駅前の海岸には安山岩を使用し磯遊びが出来るようにした。

潮干狩りも可能であり、アサリマテガイシオフキカガミガイが採れる。人工海浜に自然に増えるようになったものであり、特に料金は徴収していない。それ故、業者や料理店への販売を目的としたアサリ漁が問題となり、度々テレビで取り上げられている。

沿革[編集]

付近には元から海水浴もできる海岸があったが、1970年代の金沢地先埋立事業に伴い、その地先に広い砂浜が造成された。

施設概要[編集]

  • 砂浜
延長 約1km
幅 満潮時60m 干潮時200m
  • 管理センター 管理事務所、海とのふれあいセンター
  • 休憩所 南口休憩所、柴口休憩所
  • なぎさ広場
  • バーベキュー場(海の公園南口駅側) サイト40基
冬季間(12月〜2月)は休業
  • ボードセイリング艇庫 91艇収容可

イベント[編集]

アクセス[編集]

周辺施設[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 横浜市金沢区「デング熱について」(相談窓口など)
  2. ^ 「デング熱発症後、蚊に刺される=横浜・海の公園、一部閉鎖し調査」 時事通信 9月5日(金)18時3分配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]