硫黄山 (宮崎県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
韓国岳から見た硫黄山
火口内部
硫黄山 (宮崎県)の位置(100x100内)
硫黄山 (宮崎県)
霧島火山群における
硫黄山の位置

硫黄山(いおうやま)は[1]宮崎県えびの市にある標高1317m[2]の山。活火山である霧島火山において最も新しい火山で、種類は溶岩ドームに分類される。韓国岳の北西、えびの高原に位置し、山体の西斜面に宮崎県道・鹿児島県道1号小林えびの高原牧園線が走る。

概要[編集]

有史以降で確認されている噴火は2回のみであり、2回ともマグマ噴火である[3]。最初の噴火1300年 - 1500年頃の噴火とされ[4]、この噴火によりえびのB1テフラが形成された。1768年に2度目の噴火が起こり、韓国岳の北西の斜面から溶岩が噴出して硫黄山溶岩流[4]降下火砕物でえびのB2テフラがそれぞれ形成された[4]。2回目の噴火の規模はVEI2で、この噴火によって硫黄山の山体が形成されたとする資料が多い。山体は珪石を主体とした火山岩に覆われ、植物に覆われた部分は少ない。頂上には直径100mほどの浅い火口があり、巨大な溶岩が残されている。

噴気と硫黄採取[編集]

かつては盛んに噴気が観察され、明治30年から昭和30年頃までは噴気を冷却して硫黄の採取が行われていた。火口内にその石積みの遺構が残されている。

近年の活動[編集]

2013年12月頃より火山性地震が発生するようになり警戒が強められた[5]。2015年2月には有感性の大きな火山性地震があり山の北西が隆起するような地殻変動も確認されるようになった。火山性微動の観測などにより、小規模な噴火の可能性があるとして火口周辺警報が発表され周辺地域の立ち入り禁止措置が数か月単位でたびたび実施されている[6][7][8]。2015年頃までは硫黄山の周囲では地表の高温地帯や噴気などは確認されなかったが[1]、2015年7月頃より噴気が再び観察されるようになり、火口南側から時折300mを超える高さにまで噴気が噴き出し高熱帯も観察されるようになるなど[9]、火山活動が活発化しており霧島山系では御鉢、新燃岳に加えて硫黄山の観察が強化されている[10]

アクセス[編集]

すぐ横の宮崎県道・鹿児島県道1号小林えびの高原牧園線からは徒歩数分程度でアプローチでき、車道と火口の標高差は50m程度で登山は容易である。

ギャラリー[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)の火山活動解説資料 福岡管区気象台 (PDF) 2014年10月24日
  2. ^ 資料によっては1310mという記載もある
  3. ^ 霧島連山えびの高原・硫黄山に火口周辺警報 朝日新聞 2014年10月24日20時22分
  4. ^ a b c 霧島山 有史以降の火山活動 気象庁、2015年8月16日閲覧。
  5. ^ 霧島山(えびの高原(硫黄山いおうやま)周辺)の火山活動解説資料 福岡管区気象台 火山監視・情報センター 平成 27 年5月1日 10 時 30 分発表
  6. ^ 霧島連山・硫黄山の警報、半年ぶりに解除 朝日新聞 2015年5月2日
  7. ^ えびの高原・硫黄山周辺で火山性微動観測 昨年8月以来 朝日新聞 2015年7月27日
  8. ^ [https://mainichi.jp/articles/20160209/ddl/k45/040/312000c 硫黄山 火山性微動 小規模噴出現象の発生も 気象台が注意呼び掛け /宮崎 毎日新聞2016年2月9日 地方版
  9. ^ 霧島山の火山活動解説資料(平成 29年9月)
  10. ^ 気象庁の霧島山の火山活動解説資料には2013年以前は硫黄山には殆ど言及がないが、2014年以降は毎月必ず言及

外部リンク[編集]

座標: 北緯31度56分48秒 東経130度51分12秒