霧島六社権現

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

霧島六社権現(きりしまろくしゃごんげん)は、宮崎県鹿児島県の県境にある霧島山の周辺にある以下の6つの神社の総称である。霧島六所権現(きりしまろくしょごんげん)ともいう。

  社宝:天逆鉾高千穂峰山頂部、霧島東神社飛び地)。

霧島六社権現は、村上天皇の時代に、霧島山などで修験道の修業を行った性空によって整備されたものである。現在は、日本神話に記される日向三代の神々が祀られているが、元々は霧島山そのもの信仰対象とする山岳信仰であり、霧島山を道場とする修験者の拠点であった。

なお上記の他に宮崎県えびの市白鳥神社を数える説もあり、『三国名勝図会』には都城(現宮崎県都城市)の日華舞六所権現日安原霧島大権現も霧島六社権現であると記されているので、その時々に有力であった霧島山山麓の神社6社を選んで総称したものとも思われる[1]

脚注[編集]

  1. ^ 黒岩昭彦「霧島六所権現」(『宮崎県神社誌』、宮崎県神社庁、昭和63年 所収)。