天降川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
天降川
天降川
天降川と奥に霧島山
水系 二級水系 天降川
種別 二級河川
延長 42.5 km
水源の標高 648 m
平均流量 19 /s
流域面積 411 km²
水源 国見岳鹿児島県湧水町
河口・合流先 鹿児島湾(鹿児島県)
流域 鹿児島県
テンプレートを表示

天降川(あもりがわ)は、鹿児島県中央部を流れる二級河川である。

地理[編集]

鹿児島県湧水町国見岳(標高648m)南麓に発し、東流して霧島市横川町横川付近より南流する。落差約5mの尾田の滝を経て牧園町川津原付近までは比較的平坦だが牧園町馬込付近より新川渓谷と呼ばれる渓谷に入りさらに南流する。隼人町湯田付近より再び平坦な流れとなり、国分平野西部を南流し鹿児島湾錦江湾)に注ぐ。流域の自治体は、鹿児島県湧水町及び霧島市

上流部にはヤマセミカワセミ、下流部の野口橋付近にはコサギダイサギが多く生息する。河口部の干潟には多数の生物が生息しておりサギカモが多く見られる[1]

支流[編集]

  • 手篭川 - 霧島市曽於市の境に位置する瓶臺山(ひんでんやま、標高543m)付近に発し、おおむね西または南西方向に流れ国分府中町の参宮橋付近で天降川に合流する。
  • 霧島川 - 鹿児島県霧島市と宮崎県小林市の境に位置する霧島山韓国岳(標高1700m)南麓に発し、おおむね南または南西方向に流れ隼人町松永の若鮎橋付近で天降川に合流する。上流部に霧島第二発電所、霧島第一発電所がある。中流部に小鹿野滝があり、滝を迂回する水路を用いる小鹿野発電所がある。小鹿野滝には大正時代にアユの遡上を促すための魚道が設けられたが、昭和初期の洪水により破壊した。隼人町松永付近から松永用水路が分岐する。
  • 嘉例川
  • 中津川
  • 石坂川
  • 久留味川
  • 馬渡川
  • 万膳川

歴史[編集]

三国名勝図会によれば、天降川の名称はその水源が天孫降臨説話において天孫天降の地とされる霧島山にあることに由来する。しかしながら、江戸時代において天降川という名称は一般的ではなく、上流部から中流部にかけては金山川または安楽川、下流部は大津川または広瀬川と呼ばれていた。

江戸時代初期以前の河口は現在の河口より約2km東方にあり、現在霧島市の中心市街地となっている地域は海へと続く河道あるいは湿地帯であった。下流部は大雨によってしばしば洪水が発生したことから、江戸時代初期の寛文元年(1661年)、薩摩藩藩主島津光久によって大規模な流路変更工事の命令が下され、翌年から約4年間をかけて現在の河口に至る放水路が開削された。この時、台地の下にトンネルを掘削し地下に水を通して土砂を海まで押し流す工法が使われた。工事後は新たに開削された河道にちなみ下流部・中流部とも新川と呼ばれるようになった。

天降川の名称は昭和16年(1941年)、当時の牧園町町長が鹿児島県知事に請願したことによって復活し現在に至っている。

産業および流域の観光地[編集]

天降川の稚アユ漁(4月)
  • アユの稚魚の漁獲量は日本一であり、放流用あるいは養殖用として日本各地に出荷されている。稚アユ漁は毎年春先に天降川下流部で行われる。まず川の流れを区切っておき、見張りを立てて稚アユの群れが区画に入ったのを見計らって両端を網でふさいで捕らえる漁法である。
  • 新川渓谷温泉郷
  • 妙見温泉
  • 日当山温泉
  • 馬込甌穴群(霧島市牧園町馬込) - 水流によって川底の石が回転し河床の岩盤を穿ってできた円形の穴の一群。

利水施設[編集]

  • 中流部に九州電力の水路式水力発電所である塩浸発電所、妙見発電所、水天淵発電所、新川発電所などがある。それぞれ水路に分水するためのが設けられている。
  • 中流部、水天淵付近より宮内原用水路が分岐する。
  • 横川(霧島市横川町)と東郷(霧島市隼人町)に鹿児島県の水位観測所がある。

橋梁[編集]

新川橋より北
野口橋より南

下流より記載

並行・交差する交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 霧島市広報広聴課編 『広報きりしま vol.71』 霧島市、2009年2月

参考文献・外部リンク[編集]