石田敦子 (毎日放送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いしだ あつこ
石田 敦子
プロフィール
愛称 あっちゃん
出身地 日本の旗岡山県
生年月日 (1966-06-08) 1966年6月8日(51歳)
最終学歴 東京女子大学文理学部
勤務局 毎日放送
部署 東京支社報道部
職歴 毎日放送アナウンサー
活動期間 1990年 - 2003年
ジャンル 情報番組バラエティ番組
出演番組・活動
現在 ちちんぷいぷい木曜日
(記者としてコーナー出演)
過去 ビッグモーニング
新・たかじんが来るぞ ほか
(いずれもアナウンサー時代)
備考
 アナウンサー職からの異動後は、東京支社のテレビ編成部で、2017年6月まで全国ネット番組の広報・企画・プロデュース業務を担当。

石田 敦子(いしだ あつこ、1966年6月8日 - )は、毎日放送(MBS)の東京支社報道部記者[1]で、元アナウンサー

来歴・人物[編集]

  • 大学卒業後の1990年にアナウンサーとして、毎日放送へ入社した。同期入社のアナウンサーに、高井美紀千葉猛がいる。
  • 明石家さんまが離婚する前に、アシスタントとして共演していた『MBSヤングタウン』内でのやり取りから、さんまとの不倫騒動が持ち上がった。ただし、本人は騒動の直後に完全否定。当時のアナウンサーで、直属の上司でもあった角淳一野村啓司も、自身が出演していたラジオ番組で完全に否定していた。
  • 2011年7月以降は、東京支社のテレビ編成部に在籍したまま、担当を番組宣伝から番組の企画・プロデュースに変更。同年10月から2016年6月までは、TBSテレビとの共同制作で始まった全国ネット番組『サワコの朝』でチーフプロデューサーを務めていた。その一方で、2014年度には、日本女性放送者懇談会の会長を務めた[2]
  • 東京支社で長らく編成・制作畑を歩んできたが、「現場に戻りたい」との意向から、2017年7月の人事異動で同支社の報道部へ異動。アナウンサー時代の後輩で解説委員の三澤肇とともに、国政担当の記者として再スタートを切った[1]
  • 2017年10月5日からは、「毎日放送 東京報道記者」との肩書で、『ちちんぷいぷい』木曜日の15時台(北海道放送南日本放送宮崎放送との同時ネットゾーン)で「石田敦子のニュース百景」という検証取材コーナーを担当。アナウンサー時代以来15年振りに、同番組へのレギュラー出演を再開した。

出演番組[編集]

現在[編集]

テレビ[編集]

  • ちちんぷいぷい
    • 関西ローカルで放送を開始した1999年10月から2002年まで、レギュラーアナウンサーの1人として、生中継のリポートなどを担当していた。前述したように、2017年10月5日から、記者の立場でレギュラー出演を再開。「石田敦子のニュース百景」で、ロケ・生中継による検証リポートや、取材VTR・アーカイブVTRのナレーターを担当する。

この他にも、MBSラジオの生ワイド番組で、国政関連の取材リポートを随時担当する。

過去(アナウンサー時代)[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

編成部員時代の担当番組[編集]

  • サワコの朝 (TBSとの共同制作番組、チーフプロデューサー)

以下はいずれも東京支社制作の全国ネット番組で、編成・広報業務を担当。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]