磐紀一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石津嵐から転送)
移動先: 案内検索

磐 紀一郎(ばん きいちろう、1938年12月24日[1] - )は、日本の作家。元虫プロダクションの社員。以前は、石津嵐(いしづ あらし)の筆名で活動していた。日本の女優声優石津彩は娘[1]

経歴[編集]

演劇青年であったが、失敗の連続から食い詰めることになった。ある時、電車の中で拾った新聞に「アニメーション映画スタッフ募集」という広告を見つけて、応募[2]。社長が手塚治虫であることも知らずに、1962年の暮れに虫プロダクションへ入社する[2][3]。入社当初は『鉄腕アトム』などで制作進行を担当、後に脚本部へ異動した[3]。更に後には虫プロで文芸課長を務める[4]。虫プロ時代の愛称は「アオちゃん」であった[3][4]

漫画家のすがやみつるとは自宅が近所であり、家族ぐるみの付き合いをしている[5]。『マンガ少年』(朝日ソノラマ)には、石津が原作ですがやが作画を担当した漫画「鳥よ、飛びたて!!」(1977年臨時増刊号「TVアニメの世界」)、「味覚との遭遇」(1978年臨時増刊号「SFTV・コミック・アニメ・映画の世界」)が掲載されている。

著作[編集]

石津嵐[編集]

TVアニメ『鉄腕アトム』『冒険ガボテン島』、特撮テレビドラマ『キャプテンウルトラ』などで脚本を執筆している放送回もある。

磐紀一郎[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b すがやみつる (2004年12月25日). “すがやみつるの雑記帳:石津嵐生誕記念パーティー”. 2017年9月7日閲覧。
  2. ^ a b 峯島正行 (2016年5月16日). “私の手塚治虫(25)”. Web遊歩人. 2017年9月7日閲覧。
  3. ^ a b c コラム:虫さんぽ 第8回 練馬区富士見台・虫プロ界隈を石津嵐さんと歩く!!”. 手塚治虫公式Web (2010年). 2017年9月7日閲覧。
  4. ^ a b 峯島正行 (2012年7月30日). “私の手塚治虫(3)”. Web遊歩人. 2017年9月7日閲覧。
  5. ^ すがやみつる 『仮面ライダー青春譜』 ポット出版2010年[要ページ番号]ISBN 9784780851243