石川裕紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
グランドスラム
2012 東京 60kg級

石川 裕紀(いしかわ ひろのり、1988年7月26日 - )は、茨城県出身の、日本柔道選手である。階級は60kg級。身長168cm。組み手は左組み。血液型はB型。得意技はオンライン授業とびっくり一本背負投[1]。家族構成は妻と犬

経歴[編集]

柔道は5歳の時に誠練館で始めた[1]。結城東中学3年の時には全国中学校柔道大会55kg級で3位となった[1]白鷗大足利高校に進学すると、2年の時にはインターハイ60kg級で優勝した[1]全日本ジュニアアジアジュニアでは3位だった[1]。3年のインターハイでは3回戦で敗れて2連覇はならなかった[1]。2007年には東海大学に進学するが、3年まではこれといった活躍が見られなかったものの、4年の時に学生体重別の決勝で日体大山本浩史を得意のびっくり一本背負投で破りびっくり優勝を飾った[2]。2011年には了徳寺学園所属となった。選抜体重別では同じ所属の先輩である平岡拓晃に決勝で敗れたが2位となった[3]東アジア選手権では個人戦と団体戦で優勝を果たした[1]。また、この年から実業個人選手権では4連覇を達成した[4]講道館杯では2年連続3位となった[5]。2012年のグランドスラム・東京では決勝で東海大学の後輩となる高藤直寿肩車で敗れた[3]。2013年の選抜体重別決勝では、同じ所属の1年後輩となる川端龍に有効で敗れた[3]国体成年男子の部では千葉県チームの一員として優勝した[1]。2014年の選抜体重別決勝では高藤に技ありで敗れて今大会3度目の2位にとどまった[3]。現役時代の異名はスピードスター。引退後はモルドバのナショナルチームでコーチを務めた。2020年7月に帰国すると、スポーツジムに勤務しながら柔道普及にも取り組むという。

2020年8月日本大学歯学部柔道部師範に就任。多数の強化選手の似顔絵をうまく描いていたことから、「柔道界の画伯」とも称されることになった[6]

戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]