矢作駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
矢作駅
駅舎(2004年7月)
駅舎(2004年7月)
やはぎ
Yahagi
弥彦 (2.0km)
(2.6km) 吉田
所在地 新潟県西蒲原郡弥彦村大字矢作[1]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 弥彦線
キロ程 2.0km(弥彦起点)
電報略号 ヤハ←ヱヤ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線[1]
開業年月日 1916年大正5年)10月16日[1]
備考 無人駅[1](自動券売機 有)
テンプレートを表示

矢作駅(やはぎえき)は、新潟県西蒲原郡弥彦村大字矢作にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)弥彦線[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

駅舎(北側)に面する単式ホーム1面1線を有する地上駅[1]。ホーム長は4両編成までに対応している。弥彦駅 - 吉田駅間の定期列車はすべて2両編成だが、5両以上の編成の列車が臨時列車や延長運転などで弥彦方面へ乗り入れる際は、当駅では弥彦方4両をホーム上に停車させてドア扱いを行い、吉田方の5両目以降ではドアカットが実施される。

燕三条駅が統括管理する無人駅である[1]。駅舎は事務室・窓口の設備はあるが待合室の機能のみ。ホーム入口付近にはSuica簡易改札機が入場用・出場用各1台と、自動券売機(簡易式1台。現金のみ可、Suica等は利用不可)が設置されている。

なお当駅には2012年(平成24年)春から、JR東日本新潟支社が無人駅周辺の美化活動等を、同社を退職した近隣在住のOBにボランティアとして委嘱する「名誉駅長」が配置されている[2]。またかつては簡易委託駅で、駅前の店舗が乗車券発売を受託していたが、既に廃業している。

利用状況[編集]

  • 現在は無人駅であるため、乗車人員に関する公式な発表は行われていない。
  • 新潟鉄道管理局によると1981年度の1日の平均乗車人員は315名である。

駅周辺[編集]

駅前は弥彦村矢作地区の住宅街となっており、役場や学校が集中している[1]

1982年(昭和57年)、上越新幹線の開業を記念して県道29号の矢作交差点東側に建立された。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
弥彦線
弥彦駅 - 矢作駅 - 吉田駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『週刊 JR全駅・全車両基地』21号 新潟駅・弥彦駅・津南駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2012年12月30日、23頁。
  2. ^ a b “「名誉駅長」の配置について” (pdf) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道 新潟支社, (2014年4月27日), http://www.jrniigata.co.jp/press/20120427meiyoekityou.pdf 2014年10月25日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 矢作駅(各駅情報) - 東日本旅客鉄道