燕駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
燕駅
JR Yahiko Line Tsubame Station building.jpg
駅舎(2021年9月)
つばめ
Tsubame
西燕 (2.3 km)
(2.6 km) 燕三条
所在地 新潟県燕市燕(本町)[1]2
北緯37度40分2.93秒 東経138度55分42.46秒 / 北緯37.6674806度 東経138.9284611度 / 37.6674806; 138.9284611
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 弥彦線
キロ程 10.3 km(弥彦起点)
電報略号 ハメ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
809人/日(降車客含まず)
-2020年-
開業年月日 1922年(大正11年)4月20日[1]
備考 業務委託駅[1]
みどりの窓口[1]
テンプレートを表示
燕駅
つばめ
Tsubame
灰方 (3.0km)
所属事業者 新潟交通
所属路線 電車線
キロ程 36.1 km(白山前起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1線を使用
開業年月日 1933年昭和8年)8月15日
廃止年月日 1993年平成5年)8月1日[2]
テンプレートを表示

燕駅(つばめえき)は、新潟県燕市燕(本町)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)弥彦線である[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅[1]。互いのホームは跨線橋で連絡している。基本的に両方向の列車とも、駅舎側の1番線から発着し、列車交換(行き違い)を行う場合に2番線も使用する[1]

ジェイアール新潟ビジネスが受託する燕三条駅管理の業務委託駅。改札兼掌のみどりの窓口があり、営業時間は7時20分~14時20分(休止時間あり)。またタッチパネル式自動券売機[8]、簡易Suica改札機(入場用・出場用各1台[8])のほか、待合所[8]、トイレなどがある。駅舎の隣には交番や2階建ての駐輪場がある。

かつては駅そば店や売店があったが、現在は撤退した[1]

また、1993年までは新潟交通電車線も接続していた。新潟交通の燕駅は改札を出て左手、現在交番(燕駅前交番)が設置されている付近にあった。電車線のホームは、現在は相対式となっている2番線の反対側にあった3番線。跨線橋は弥彦線と共用していた。また、構内北側には留置線も設置されていた。現在はいずれの設備も撤去されている。跡地は区画整理され、住宅街になった。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1・2 弥彦線 下り 東三条方面[9]
上り 弥彦方面[9]

利用状況[編集]

JR東日本によると、2020年度(令和2年度)の1日平均乗車人員は809人である[利用客数 1]

1981年度(昭和56年度)および2000年度(平成12年度)以降の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
1981年(昭和56年) 4,086 [利用客数 2]
2000年(平成12年) 1,418 [利用客数 3]
2001年(平成13年) 1,339 [利用客数 4]
2002年(平成14年) 1,286 [利用客数 5]
2003年(平成15年) 1,245 [利用客数 6]
2004年(平成16年) 1,188 [利用客数 7]
2005年(平成17年) 1,155 [利用客数 8]
2006年(平成18年) 1,104 [利用客数 9]
2007年(平成19年) 1,126 [利用客数 10]
2008年(平成20年) 1,157 [利用客数 11]
2009年(平成21年) 1,099 [利用客数 12]
2010年(平成22年) 1,140 [利用客数 13]
2011年(平成23年) 1,184 [利用客数 14]
2012年(平成24年) 1,178 [利用客数 15]
2013年(平成25年) 1,137 [利用客数 16]
2014年(平成26年) 1,069 [利用客数 17]
2015年(平成27年) 1,040 [利用客数 18]
2016年(平成28年) 1,026 [利用客数 19]
2017年(平成29年) 957 [利用客数 20]
2018年(平成30年) 959 [利用客数 21]
2019年(令和元年) 914 [利用客数 22]
2020年(令和02年) 809 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

サンロード宮町商店街(2020年4月)

周辺は古くからの燕市の市街地。商店と住宅が混在している[10]ほか、町工場が多くある。

駅南側を流れる中ノ口川沿いには河川舟運で発達した商店街が広がり、3・8のつく日には定期市(いちび)が開かれる[11]ほか、2013年まではサンロード宮町商店街に全蓋式アーケードが架かっていた[12]

バス路線[編集]

当駅前を発着し、新潟交通電車線の代替を担う新潟交通観光バスの路線バス

駅前ロータリー内に新潟交通観光バス越後交通、燕市循環バス「スワロー号」、燕市コミュニティバスのバス停があり、以下の路線が運行されている。(2018年11月現在)

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
弥彦線
西燕駅 - 燕駅 - 燕三条駅

かつて存在した路線[編集]

まっすぐ延びる道路とその左の住宅地が旧構内(2008年4月5日)
新潟交通
電車線
灰方駅 - 燕駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『週刊 JR全駅・全車両基地』21号 新潟駅・弥彦駅・津南駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2012年12月30日、24頁。
  2. ^ a b “月潟-燕間来月廃止へ”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1993年7月7日) 
  3. ^ 『新貨物設備が完成 弥彦線燕駅』昭和42年4月14日読売新聞新潟経済
  4. ^ 『JR・私鉄全線 各駅停車6 中央・上信越590駅』小学館、1993年、184頁。
  5. ^ 『スマートな燕駅の駅舎完成』昭和43年3月4日読売新聞新潟読売
  6. ^ JR時刻表平成2年12月号索引地図欄外の注
  7. ^ “2008年3月 Suicaがますます便利になります” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2007年12月21日), オリジナルの2016年3月4日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160304095817/https://www.jreast.co.jp/press/2007_2/20071214.pdf 2020年5月29日閲覧。 
  8. ^ a b c ギャラリー内の画像参照。2020年3月時点。
  9. ^ a b 時刻表 燕駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月19日閲覧。
  10. ^ 燕駅から商店街や中ノ口川まで - townphoto
  11. ^ 燕市のいちび”. 燕市. 2021年5月5日閲覧。
  12. ^ “サンロード宮町のオーバーアーケードの解体工事が5日着工、総事業費8,150万円で来年2月完了”. ケンオー・ドットコム. (2013年11月1日). http://www.kenoh.com/2013/11/01sun_road.html 
  13. ^ 燕市コミュニティバス実証運行”. 燕市. 2021年5月5日閲覧。

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2020年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月29日閲覧。
  2. ^ 新潟鉄道管理局による。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。
  20. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月4日閲覧。
  21. ^ 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月24日閲覧。
  22. ^ 各駅の乗車人員(2019年度)”. 東日本旅客鉄道. 2020年7月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]