真鍋昌弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

真鍋 昌弘(まなべ まさひろ、1938年(昭和13年)9月15日 - )は、国文学者奈良教育大学名誉教授大阪府大阪市生まれ。1961年奈良学芸大学(現奈良教育大学教育学部中学校教員養成課程卒、1964年立命館大学大学院文学研究科日本文学修士課程修了。奈良教育大学助教授教授、1984年「中世近世歌謡の研究」で國學院大學文学博士、第1回志田延義賞受賞。2004年定年退官、名誉教授、関西外国語大学教授。2009年退職。日本歌謡学会会長。専攻は日本歌謡史。

著書[編集]

  • 田植草紙歌謡全考注』桜楓社、1974
  • 『中世近世歌謡の研究』桜楓社、1982
  • わらべうた』桜楓社、1989
  • 『日本歌謡の研究 『閑吟集』以後』桜楓社、1992
  • 『中世の歌謡 『閑吟集』の世界』翰林書房、1999
  • 『中世歌謡評釈閑吟集開花』和泉書院、2013

共編著[編集]

  • 『日本庶民文化史料集成 歌謡』浅野建二北川忠彦共責任編集、三一書房、1973
  • 『歌謡と物語』宮岡薫共編、双文社出版、1974
  • 『わらべうた』吾郷寅之進共著、桜楓社、1976
  • 『日本庶民生活史料集成 第24巻 民謡・童謡』編、三一書房、1979
  • 『日本の歌謡』宮岡薫、永池健二小野恭雄共編、双文社出版、1995
  • 『講座日本の伝承文学 韻文文学「歌」の世界』上岡勇司真下厚共編、三弥井書店、1995
  • 『歌謡雅と俗の世界』編、和泉書院、1998
  • 『講座日本の伝承文学 口頭伝承「トナエ・ウタ・コトワザ」の世界』福田晃常光徹共編、三弥井書店、2003

校注[編集]

参考[編集]