真神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

真神(まかみ)は、日本に生息していた(ニホンオオカミ)が神格化したもの。大口真神(おおくちのまがみ、おおぐちまかみ)、御神犬とも呼ばれる。

真神は古来より聖獣として崇拝された。大和国(現在の奈良県)にある飛鳥の真神原の老狼は、大勢の人間を食べてきたため、その獰猛さから神格化され[1]鹿から作物を守護するものとされた。

人語を理解し、人間性質を見分ける力を有し、善人を守護し、悪人するものと信仰された。また、厄除け、特に火難盗難から守る力が強いとされ、絵馬などにも描かれてきた。

現在も埼玉県秩父地方の神社を中心に、狼が描かれた神札(お札)が頒布され、信仰を集めている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 大和国風土記逸文(『枕詞燭明抄(中)』)に記述され、「大口の真神原」という地名説話として語られ、飛鳥大仏辺りの古称で『万葉集』にも見られる。『風土記 日本古典文学大系2』 岩波書店 14刷1971年(1刷1958年) p.421の脚注。
  2. ^ お札になったオオカミ

関連項目[編集]

  • 三峯神社 - (埼玉県秩父郡大滝村三峰)大口真神を祀る
  • 山住神社 - (静岡県磐田郡水窪町山住)大口真神を祀る
  • 大川神社 - (京都府舞鶴市大川) 大口真神を祀る 
  • 釜山神社 - (埼玉県大里郡寄居町)大口真神を祀る

外部リンク[編集]