目黒未奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
めぐろ みな
目黒 未奈
生年月日 (1973-03-27) 1973年3月27日(44歳)
出生地 日本の旗日本東京都
身長 164
血液型 A型
職業 女優声優
ジャンル 舞台吹き替え
活動期間 1994年 -
主な作品
舞台 アラビアンナイト・主演/シャハラザード役
受賞
読売演劇大賞 優秀女優賞 杉村春子賞

目黒 未奈(めぐろ みな、1973年3月27日[1][2] - )は、日本の女優声優[2]東京都出身[1][3]。身長164cm、血液型はA型[3]文学座所属[3]

略歴[編集]

大妻女子大学中野女子高等学校(現・大妻中野中学校・高等学校)を卒業後[要出典]、1991年、文学座付属演劇研究所へ入所[3]31期昼間部[要出典])、本科生[要出典]研修科生[要出典]準座員を経て[要出典]、1996年、文学座の座員となる[3]。1994年、文学座アトリエ公演「シンガー」にて初舞台[3]。2001年度、『心破れて』のフィリーマ役、『マイシスター インディスハウス』のクリスティーヌ役の演技に対し、第8回読売演劇大賞の優秀女優賞、杉村春子賞を授与された[3]。特技は日舞、フルート[1]趣味はビーズアクセサリー作り[要出典]

出演作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場版アニメ[編集]

吹き替え[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 栄光のフォワードNo.9-女子サッカーに捧げる

舞台[編集]

  • 『シンガー』 (1994年)(文学座アトリエ公演)
  • 『背信の日々』 (1994年)(文学座本公演)紀伊國屋ホール
  • 『山彦ものがたり』 (1995年)(劇団朋友)シンガポール公演
  • 『シャドー・ランズ』 (1996年)(ひょうご舞台芸術)パルコ劇場
  • 『シンガー』(1996年)(本公演)紀伊國屋ホール
  • 『ミュージカル 樫の木は歌う2』 (1997年)俳優座劇場
  • 『雨が空から降れば』 (1997年)(本公演)紀伊國屋ホール
  • 『陽ざかりの女たち』 (1998年)(ひょうご舞台芸術)新国立劇場
  • 『デンティスト 愛の隠れんぼ』 (2000年)(本公演)三越劇場
  • 『心破れて』 (2000年)(アトリエ)
  • 『マイシスター インディスハウス』 (2000年)(アトリエ)
  • 『おやすみこどもたち』 (2001年)(シアター21)パルコ劇場
  • アラビアンナイト』 (2002年)(本公演)青山円形劇場 03、05、06、07年再演
  • 『沈黙と光』 (2002年)(アトリエ)
  • 『バラード』 (2003年)(アトリエ)
  • 『ヴァローニュの夜』 (2004年)(ひょうご舞台芸術)紀伊國屋サザンシアター
  • 『月夜の道化師』 (2004年)(本公演)地方公演
  • 『湖のまるい星』 (2006年)(本公演)紀伊國屋サザンシアター
  • 『崩れたバランス』 (2009年)(アトリエ)
  • 『走れゴスポディン』 (2010年)東京ドイツ文化センターT
  • 『猿』 (2011年)TBスタジオ
  • ヴェニスの商人』 (2012年)(シェイクスピアシアター)俳優座劇場
  • じゃじゃ馬ならし』 (2014年)新モリヤビル第1稽古場
  • 『終の楽園』 (2014年)(アトリエ)
  • 『20000ページ』 (2015年)(文学座アトリエ)
  • 『何か いけないことを しましたでしょうか? と、いう私たちのハナシ。』(2016年)(本公演)紀伊國屋サザンシアター (地方公演)ピッコロシアター 大ホール

ラジオ[編集]

  • NHKFM 青春アドベンチャー 『文学少年と運命の書』(阿恩の母)

ゲーム[編集]

テレビ・バラエティ[編集]

受賞歴[編集]

  • 第8回読売演劇大賞 優秀女優賞(舞台『心破れて』、『マイシスター インディスハウス』)
  • 第8回読売演劇大賞 杉村春子賞(舞台『心破れて』、『マイシスター インディスハウス』)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 目黒未奈”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年4月29日閲覧。
  2. ^ a b 目黒未奈”. タレントデータバンク. 2017年4月29日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 目黒未奈”. 文学座. 2017年4月29日閲覧。

外部リンク[編集]