町田洋介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
町田洋介
Yosuke Machida
宇都宮ブレックス AC
役職 アシスタントコーチ
ポジション(現役時) SF/PF
背番号(現役時) 21
身長(現役時) 200cm (6 ft 7 in)
体重(現役時) 90kg (198 lb)
血液型 A型
足のサイズ 31cm
基本情報
本名 町田洋介
愛称 "マッチ"
ラテン文字 Yosuke Machida
日本語 町田洋介
誕生日 (1983-04-04) 1983年4月4日(38歳)
日本の旗 日本
出身地 神奈川県横須賀市
ドラフト 2008年 1位
選手経歴
2006-2008
2008-2009
2009-2011
東芝
滋賀レイクスターズ
リンク栃木ブレックス

町田 洋介まちだ ようすけ1983年4月4日 - )は、神奈川県横須賀市出身のプロバスケットボール選手である。ポジションはスモールフォワード/パワーフォワード

来歴[編集]

横須賀市立神明中学校に入学と同時にバスケ部に入部し、バスケットボールを始める。学校自体は決して強くは無かったが、それでも「走れるセンター」として頭角を現し、中学2年生の時に横須賀市選抜に選ばれ、横浜市選抜との試合に出場し活躍。この活躍が認められ、その夏神奈川県選抜に選ばれる。しかし、その夏にピボットのターン時に膝の前十字靱帯を損傷。手術をしなければならなくなるものの、子供で成長中だった為手術は見送りプレイを続ける。

中学の先輩の後を追い、法政二高に入学、インターハイに2年連続出場。また、全日本ジュニア候補にも選ばれる。高校3年生の秋に、中学時代に怪我をしていた前十字靱帯の手術を行い、ウィンターカップは断念する。

法政大学進学後は2年次にインカレ・ベスト4に貢献。4年次には関東トーナメント優勝を果たし優秀選手賞にも選ばれる。

ユニバーシアードに2大会連続で出場。U-24日本代表にも選ばれた。

卒業後、東芝ブレイブサンダースに入団。

2008年、bjリーグに新規参入となる滋賀レイクスターズよりドラフト全体1位指名を受け入団。念願のプロ契約選手となる。

ヘッドコーチ曰く「素材はすでに日本代表級」ポジションをコンバートしスコアラーとして、リーグナンバーワンプレイヤーを目指す。

2009年、リンク栃木ブレックスへ移籍。こちらもプロ契約を結ぶ。

2011年、現役引退。

2013年、筑波大学男子バスケットボール部アシスタントコーチ就任

2015年、札幌大学男子バスケットボール部ヘッドコーチ就任、2016年インカレでは14年ぶりに初戦勝利に導いた。

2019年、Bリーグ宇都宮ブレックスのアシスタントコーチに就任。

プレースタイル[編集]

東芝まではセンターであったが、滋賀移籍後は、フォワードにコンバートする。コンバート後は3ポイントシュートを多く決めるスコアラーとして活躍している。

経歴[編集]

  • 横須賀市立神明中学校 - 法政二高 - 法政大学 - 東芝(2006年〜2008年) - 滋賀(2008年〜2009年) - リンク栃木ブレックス(2009年〜2011年)

成績[編集]

bjリーグ2008-2009シーズン 個人成績

No 選手名 得点 1試合平均得点 3P成功率 2P成功率 ダンク数 フリースロー成功率 出場時間
21 町田洋介 323 6.2 24.9 35.4 0 61.4 1082

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]