呉屋貴教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
呉屋 貴教
Takanori Goya
Goya takanori.jpg
FA
ポジション ガード
背番号 3
身長 190cm (6 ft 3 in)
体重 83kg (183 lb)
血液型 O型
足のサイズ 29.0cm
基本情報
愛称 "G"
ラテン文字 Takanori Goya
誕生日 (1983-08-26) 1983年8月26日(35歳)
日本の旗 日本
出身地 沖縄県沖縄市
ドラフト 2006年 1位 
選手経歴
2006-2008
2008
2008-2009
2009-2011
2011-2013
2013-2014
2014-2015
2015-2016
2016-2017
富山グラウジーズ
大阪エヴェッサ
ライジング福岡
東京アパッチ
信州ブレイブウォリアーズ
大阪エヴェッサ
和歌山トライアンズ
富山グラウジーズ
島根スサノオマジック

呉屋 貴教(ごや たかのり、1983年8月26日 - )は、日本の元プロバスケットボール選手である。沖縄県沖縄市出身。ポジションはポイントガード/シューティングガード。身長190cm、体重83kg[1]

2006年富山グラウジーズドラフト1巡目で指名され、プロ選手となる。以後大阪エヴェッサライジング福岡東京アパッチ信州ブレイブウォリアーズ和歌山トライアンズ(NBL)に所属。その間に3度、bjリーグオールスターゲームに選出された。

来歴[編集]

幼い頃からバスケットボールに親しんでおり[2]、10歳の時に本格的な競技を始める。コザ中学校では1998年に全国大会優勝。北中城高進学後も3年連続でインターハイウィンターカップ出場。

日本大学在学中には2003年全日本学生選手権優勝に貢献。U-24日本代表にも選ばれた。

卒業後、bjリーグの富山グラウジーズドラフト1巡目(全体1位)指名され入団。

2006-07シーズンに沖縄県で開催されたオールスターゲームには、沖縄県出身者としては唯一選ばれた。

2007-08シーズンまで富山の主力として活躍。同シーズン終了後、エクスパンション・ドラフト実施に際し富山よりプロテクトされるが、金銭トレードにより大阪エヴェッサに移籍となった。プロテクト適用選手の移籍はbjリーグ史上初であった。

2008-09シーズンは大阪で9試合に出場した後、仲西淳及びドラフト1巡目指名権との交換によりライジング福岡へトレードされる。さらに、そのオフに東京アパッチへトレードされた。

東京では2009-10シーズンにレギュラーシーズン全52試合に出場し、プレイオフ出場に貢献した。しかし2010-11シーズンは故障により13試合の出場に止まった。

2010-11シーズン終了後、東京が活動を休止したため、翌2011-12シーズンから、新規参入した信州ブレイブウォリアーズに移籍。2012-13にはキャプテンも務めた[3]

2012-13シーズン終了後、古巣の大阪エヴェッサへ復帰[4]。しかし開幕前に半月板損傷の手術を受けたため欠場を余儀なくされ[5]、11月30日の島根スサノオマジック戦でシーズン初出場を果たしたものの、この試合で今度は右肩を脱臼し再び戦線離脱[6][7]。シーズンで27試合出場に止まる。

2014年7月、和歌山トライアンズに移籍したが、シーズン途中の2015年2月に現役引退[8]

2015年7月、現役に復帰し、8シーズンぶりに富山グラウジーズに加入した[8]

Bリーグが開幕したばかりの2016年10月1日、富山グラウジーズと本人双方の合意のもと、契約解除となる。

2016年10月12日、 島根スサノオマジックと契約[9]

現在は富山に在住し、富山県内の大学で男子バスケットボールチームのコーチを務める傍ら、2017年11月6日、県内でバスケットボールスクールを開校した[10][11]

主な成績[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
bjリーグ 2006-07 富山 40 40 8.9
bjリーグ 2007-08 富山 42 42 9.9
bjリーグ 2008-09 大阪 9 0 13.3 .321 .067 .500 1.3 1.1 0.1 0.2 0.6 2.6
bjリーグ 2008-09 福岡 28 15 25.5 .391 .246 .563 2.4 2.9 1.0 0.1 1.3 7.3
bjリーグ 2009-10 東京 52 11 13.1 .419 .278 .724 1.5 1.0 0.3 0.1 0.8 3.9
bjリーグ 2010-11 東京 13 2 13.7 .396 .333 .333 1.5 0.8 0.7 0.1 0.6 3.4
bjリーグ 2011-12 信州 33 26 27.5 .377 .152 .594 2.1 2.3 0.9 0.0 1.4 6.1
bjリーグ 2012-13 信州 39 39 27.9 .442 .380 .776 3.3 2.6 1.0 0.0 1.6 10.7
bjリーグ 2013-14 大阪 27 18.1 .421 .263 .833 1.3 0.9 0.4 0.1 0.8 6.3
NBL 2014-15 和歌山
bjリーグ 2015-16 富山
略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『bjリーグオフィシャルガイドブック 2013-2014』 日本プロバスケットボールリーグ、2013年10月4日
  2. ^ 対談・石畳ロックスタイル【信州ブレイブウォリアーズ/呉屋貴教選手】”. CHINTAI長野 (2012年5月2日). 2013年11月22日閲覧。
  3. ^ “2012-2013シーズン 信州ブレイブウォリアーズ キャプテン・副キャプテン就任のお知らせ” (プレスリリース), 信州ブレイブウォリアーズ, (2012年7月27日), http://www.b-warriors.net/archives/2420 2013年11月22日閲覧。 
  4. ^ “【Team】2013-2014シーズン選手契約基本合意のお知らせ” (プレスリリース), 大阪エヴェッサ, (2013年7月23日), http://www.evessa.com/news/2013/07/entry_20410/ 2013年11月22日閲覧。 
  5. ^ “No.1呉屋貴教選手、No.91佐藤浩貴選手の負傷について” (プレスリリース), 大阪エヴェッサ, (2013年9月26日), オリジナル2016年3月5日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160305205726/http://www.evessa.com/news/2013/09/entry_20561/ 2013年11月22日閲覧。 
  6. ^ “No.1呉屋 貴教選手の負傷について” (プレスリリース), 大阪エヴェッサ, (2013年12月6日), http://www.evessa.com/news/2013/12/entry_20691/ 2013年12月6日閲覧。 
  7. ^ “【bjリーグ】大阪エヴェッサが連敗ストップ ホーム5連勝”. 産経関西. (2013年12月1日). http://www.sankei-kansai.com/2013/12/01/20131201-067788.php 2013年12月5日閲覧。 
  8. ^ a b 呉屋貴教選手 契約基本合意のお知らせ
  9. ^ 呉屋 貴教選手契約(新規)基本合意のお知らせ”. 島根スサノオマジック. 2016年10月13日閲覧。
  10. ^ 『写真家・テラウチマサト とやま多士彩才 61 元プロバスケ選手 呉屋貴教さん(34) 富山市 富山の人情に惚れる』北日本新聞 2017年10月30日8面
  11. ^ 『バスケ上達 支えたい 元グラウジーズ呉屋さん 富山と射水で教室開校』北日本新聞 2017年11月6日32面

外部リンク[編集]