田中達夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 達夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長崎県
生年月日 (1927-06-19) 1927年6月19日
没年月日 (2019-11-27) 2019年11月27日(92歳没)
身長
体重
170 cm
62 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1950年
初出場 1950年3月18日
最終出場 1952年3月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

田中 達夫(たなか たつお、1927年6月19日 - 2019年11月27日[1])は、長崎県[1]出身のプロ野球選手

経歴[編集]

佐世保商業学校から下川商事を経て、1950年南海ホークスへ入団。下川商事では軟式野球をプレーしており、無名の選手だったが、2リーグ分立による人材難のため、田中にも声がかかった。佐世保商の3年先輩である黒田一博と南海で同僚になった[2]

1950年3月18日の対阪急ブレーブス戦(後楽園球場)でプロ初登板初先発。野口二郎との投げ合いを制し、初勝利を挙げている。以降は救援での起用が主となる。1951年は救援6試合は無失点だったものの、先発した2試合で計7失点(自責2)したことで評価を下げ、翌1952年に阪急ブレーブスへ移籍。同年限りで引退[2]

2019年11月27日肺炎のため死去[1]。92歳没。

選手としての特徴[編集]

柔らかいフォームから切れの良いボールを投げた。しかし、軟式出身だったことからボールを手から離すのが早いため、球の扱いが軽いと、野球評論家の竹内愛一から批評された[2]

投手ながら打撃優秀。南海時代の2年間に打席に立つ機会あり、通算で33打席に立ち、打率.303、二塁打を2本を記録している[2]

詳細情報[編集]





















































W
H
I
P
1950 南海 22 7 0 0 0 4 2 -- -- .667 295 69.0 69 9 26 -- 2 28 1 0 32 26 3.39 1.38
1951 8 2 0 0 0 0 2 -- -- .000 86 21.2 12 0 7 0 0 3 0 0 7 2 0.82 0.88
1952 阪急 1 0 0 0 0 0 0 -- -- .000 12 2.0 4 0 1 0 0 0 0 0 2 1 4.50 2.50
通算:3年 31 9 0 0 0 4 4 -- -- .500 393 92.2 85 9 34 0 2 31 1 0 41 29 2.82 1.28

背番号[編集]

  • 19 (1950年 - 1951年)
  • 21 (1952年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]