田中於菟弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 於菟弥(田中 於兎弥(彌)、たなか おとや、1903年9月24日 - 1989年7月12日)は、インド学インド文学者

東京生まれ。府立一中などを経て、東京帝國大学文学部文學科卒業。辻直四郎の門下生の一人で中央大学教授などを務めた。古代から中世インド文学インド神話に関する著書多数。また河田烈の娘婿で、河田の蔵相時代の秘書官を務めた。

主な著作[編集]

  • 『印度さらさ』 生活社、1943年
  • 『インド童話集』 「世界児童文学全集10」あかね書房、1959年
    • 『インド童話』 「玉川こども図書館」玉川大学出版部、1974年
  • ジャータカ物語』 「玉川こども図書館」玉川大学出版部、1975年
  • 『世界の文学史9 インドの文学』 明治書院、1967年
  • 『酔花集 インド学論文・訳詩集』 春秋社、1974年、増訂版1991年
  • 『インド説話集』 ピタカ、1978年
  • 『世界の神話6 インドの神話-今も生きている神々』 筑摩書房、1982年
  • 『インド・色好みの構造』 春秋社、1991年

共著[編集]

  • 『インドの文学』 坂田貞二と共著、ピタカ 1978年
  • 編著『世界の女性史15 インド サリーの女たち』 評論社 1976年
  • 共著『世界の歴史24 変貌のインド亜大陸』 講談社 1978年

訳書[編集]