猪木快守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いのき よしもり
猪木 快守
生誕 1938年(昭和13年)8月6日
日本の旗 日本 神奈川県横浜市鶴見区
死没 (2011-03-23) 2011年3月23日(72歳没)
日本の旗 日本 東京都
死因 胃癌
別名 パブロ猪木
職業 実業家政治活動家歌手
肩書き スポーツ平和党代表
任期 1989年6月23日-1989年9月27日(初代)
2000年12月25日-2004年3月31日(第4代)
前任者 西銘和男(第3代)
後任者 猪木寛至(第2代)
政党 スポーツ平和党
宗教 崇教真光

猪木 快守(いのき よしもり、1938年8月6日 - 2011年3月23日[1])は、日本実業家政治活動家(初代[2]・第4代[3]スポーツ平和党代表)、テノール歌手(芸名:パブロ猪木)。

兄弟には相良寿一(松涛流空手道師範、伯オリンピック委員)、アントニオ猪木(元プロレスラー新日本プロレス創始者、本名:猪木寛至)らがいる。

来歴・人物[編集]

神奈川県横浜市鶴見区出身。1958年に一家でブラジルに移住し、コーヒー豆、落花生農家、牧場を営んでいた。現地で崇教真光に入信。

アントン・ハイセル事業を推進する傍ら、フィデル・カストロアルベルト・フジモリサッダーム・フセインら各国の指導者にネットワークを広げた。

1989年第15回参議院議員通常選挙に際し、弟のアントニオ猪木が結党したスポーツ平和党に参画。国政進出後は公設第1秘書を務める一方、永久機関ヘドロ浄化などを研究していたものの、借金問題で解雇された。

1991年には弟が開催した湾岸戦争停止を訴える『平和の祭典』に協力し、同党最後の代表も務めた[3]。その後、各地に『闘魂神社』を建立する計画を発表するなどしたが、全部沙汰止みになっている。

同党公認候補として1992年第16回参議院議員通常選挙比例代表区)、1998年第18回参議院議員通常選挙東京都選挙区)、更に2006年9月10日執行の静岡県熱海市長選挙にも無所属で出馬したが、総てで下位落選し供託金を没収された。

その後もプロレス会場などに姿を見せており、2003年5月1日には新日本プロレスの興行である「ULTIMATE CRUSH」東京ドーム大会でテノール歌手「パブロ猪木」として『荒城の月』を披露した事もあった[4][5]

2011年3月23日胃癌のため東京都内の病院で死去[1][5]。72歳没。生前の本人の話によると「世界五大宗教を統一せよ」との啓示を受け、その実現のため日夜奔走していたという。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『東京スポーツ』 2011年3月28日発行 8頁参照
  2. ^ 1989年(平成元年)9月5日自治省告示第133号「政治資金規正法の規定による政治団体の届出があったので公表する件」
  3. ^ a b 2001年(平成13年)3月30日総務省告示第194号「政治資金規正法の規定による政治団体の届出事項の異動の届出があったので公表する件」
  4. ^ 猪木が新日にゲキ! 明日「ULTIMATE CRUSH」 星野&小鉄のヤマハブラザーズが復活! 『スポーツナビ』格闘技速報 2003年5月1日付記事。2011年4月4日閲覧。
  5. ^ a b 猪木の実兄・快守さん死去 『デイリースポーツ』(Web版) 2011年3月26日付記事。2011年3月28日閲覧

関連項目[編集]