瀬戸口駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
瀬戸口駅
駅舎とホーム(2010年9月)
駅舎とホーム(2010年9月)
せとぐち
Setoguchi
19 山口 (2.1km)
(2.4km) 瀬戸市 21
所在地 愛知県瀬戸市東赤重町二丁目220
駅番号 20
所属事業者 愛知環状鉄道
所属路線 愛知環状鉄道線
キロ程 36.7km(岡崎起点)
電報略号 セク
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
3,830人/日
-2015年-
開業年月日 1988年(昭和63年)1月31日
備考 終日有人駅
テンプレートを表示

瀬戸口駅(せとぐちえき)は、愛知県瀬戸市東赤重町二丁目にある愛知環状鉄道線である。駅番号20

朝夕の名古屋駅直通列車や早朝深夜の線内列車、臨時列車など、この駅を始発あるいは終着とする列車が比較的多い。

駅構造[編集]

高架駅であり、10両編成に対応した島式ホーム1面2線を持つ。駅の南方(山口駅方面)には愛知万博の輸送に対応するために建設された10両対応の引き上げ線があり、一部の列車がここに入る。当駅では車両の夜間滞泊も行われる。

なお、朝ラッシュ時に当駅を始発とする名古屋行き普通電車(JR中央線直通)は10両編成で運行している。その際はJRの車両が使用される。

建設当初は2面4線の島式ホームが設置できる用地が確保されたが、列車の設定本数が少なく待避の必要性が薄れたことから1面2線分は集合住宅の建設用地として転用された。

終日有人駅であり、自動改札機バリアフリー対応型の自動券売機が導入されている。

利用状況[編集]

瀬戸市の統計によると、当駅の一日平均乗車人員は、以下の通り推移している。

  • 2002年度 1,297人
  • 2003年度 1,389人
  • 2004年度 1,421人
  • 2005年度 1,815人愛知万博開催年)
  • 2006年度 1,558人
  • 2007年度 1,567人
  • 2008年度 1,698人
  • 2009年度 1,771人
  • 2010年度 1,746人
  • 2011年度 3,550人(乗降客数)
  • 2012年度 3,527人(乗降客数)
  • 2013年度 3,638人(乗降客数)
  • 2014年度 3,539人(乗降客数)
  • 2015年度 3,830人(乗降客数)

駅周辺[編集]

駅周辺は住宅地である。駅前にはロータリーがあり、愛知県道22号瀬戸環状線とつながっている。

バス停[編集]

歴史[編集]

塗り替え前の駅舎(2005年4月)

隣の駅[編集]

愛知環状鉄道
愛知環状鉄道線
山口駅 (19) - 瀬戸口駅 (20) - 瀬戸市駅 (21)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]