六名駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
六名駅
Mutsuna-Station-1.jpg
むつな
Mutsuna
01 岡崎 (1.7 km)
(1.7 km) 中岡崎 03
所在地 愛知県岡崎市六名新町11
駅番号 02
所属事業者 愛知環状鉄道
所属路線 愛知環状鉄道線
キロ程 1.7 km(岡崎起点)
電報略号 ムナ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
696人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1988年昭和63年)1月31日
備考 無人駅
テンプレートを表示

六名駅(むつなえき)は、愛知県岡崎市六名新町にある愛知環状鉄道線である。駅番号02

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する高架駅永覚篠原の各駅とともに窓口が設けられていない完全な無人駅となっている。当初は2両分のホームしかなく、3両編成の場合は岡崎方2両分のみのドア扱いであった。その後延長され、現在は4両分のホーム長となっている。2004年岡崎駅の構内改良で東海道本線との線路共用が解消されたのちは当駅から岡崎駅までは単線並列になっている(全列車が当駅からみて岡崎方面左側の線路に入る。一方、右側に向かって東海道本線の下をくぐる線路は、キヤ95系による検測時や、新造車の搬入時に使用される)。

のりば
番線 路線 方向 行先 ホーム長
1 愛知環状鉄道線 上り 岡崎方面 4両[1]
2 下り 三河豊田高蔵寺方面 4両[1]

配線図[編集]

岡崎駅 - 六名駅 構内配線略図
↑ 名古屋方面               


豊橋方面
岡崎駅 - 六名駅 構内配線略図
新豊田方面
凡例
出典:[4]
橙線が東海道本線、青線が愛知環状鉄道線


利用状況[編集]

岡崎市統計ポータルサイトによると、当駅の1日平均乗車人員は以下の通り推移している。

年度 1日平均
乗車人員
2004年 356
2005年 366
2006年 476
2007年 510
2008年 512
2009年 519
2010年 530
2011年 525
2012年 549
2013年 593
2014年 585
2015年 645
2016年 699
2017年 696


駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

愛知環状鉄道
愛知環状鉄道線
岡崎駅(01) - 六名駅(02) - 中岡崎駅(03)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『愛知環状鉄道の30年』配線略図、愛知環状鉄道株式会社、2019年
  2. ^ 『愛知環状鉄道の30年』年表、愛知環状鉄道株式会社、2019年
  3. ^ “「TOICA」乗車券のサービス開始日について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 愛知環状鉄道, (2018年12月12日), オリジナルの2019年6月2日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190602072328/http://www.aikanrailway.co.jp/pdf/PressRelease30_128.pdf 2020年11月8日閲覧。 
  4. ^ 川島令三、『東海道ライン 全線・全駅・全配線 第4巻 豊橋駅 - 名古屋エリア』、p.8、14、 講談社、発行年:2009年6月、ISBN 978-4062700146

関連項目[編集]

外部リンク[編集]