源大輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
源 大輝
基本情報
階級 フェザー級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1991-01-13) 1991年1月13日(28歳)
出身地 大分県別府市
スタイル オーソドックス[1]
プロボクシング戦績
総試合数 22
勝ち 16
KO勝ち 13
敗け 5
引き分け 1
テンプレートを表示

源 大輝(みなもと たいき、1991年1月13日[2] - )は、日本プロボクサー大分県別府市出身。第63代日本フェザー級王者。ワタナベボクシングジム所属。

来歴[編集]

18歳で単身上京してワタナベボクシングジムに入門した[3]

2011年1月27日、後楽園ホールで橋本雅功とスーパーバンタム級4回戦を戦い、1回0分45秒KO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾り[4]、次の試合も1回KO勝ちを収めた[5]

2011年6月6日、後楽園ホールで開催された「ザ・カンムリワシファイトvol.38」にて原有吉とスーパーバンタム級4回戦を戦い、3回1分19秒TKO勝ちを収めた[6]、同年8月2日、後楽園ホールで開催された「第68回東日本新人王予戦」にて在塚太一郎とスーパーバンタム級4回戦を戦い、4回3-0(39-36、38-36×2)の判定勝ちを収め[7]

2011年9月28日、後楽園ホールで岩﨑悠輝とスーパーバンタム級4回戦を戦い、1回1分41秒KO負けを喫し[8]、初黒星となった。

2012年2月10日、後楽園ホールで若松竜太とスーパーバンタム級6回戦を戦い、3回2分32秒TKO勝ちを収めた[9]

2012年6月22日、後楽園ホールで開催された「チャレンジスピリットシリーズ」にて篠原武大とスーパーバンタム級6回戦を戦い、4回2分59秒TKO勝ちを収め[10]、次の試合もTKO勝ちを収めて[11]、3試合連続でTKO勝ちを収めた。

2013年2月27日、川崎市とどろきアリーナで片桐秋彦とフェザー級8回戦を戦い、5回1分54秒TKO負けを喫し[12]、次の伊藤雅雪戦も判定負けを喫した[13]

2013年12月7日、神戸サンボーホールでスーパーバンタム級8回戦を戦い、8回1分26秒KO勝ちを収め[14]、次の試合は6回TKO勝ちを収めた[15]

2014年8月11日、後楽園ホールで開催された「ダイヤモンドグローブ/DANGAN110」にて久永志則とスーパーバンタム級8回戦を戦い、8回0-3(76-77、75-77×2)の判定負けを喫した[16]

そして半年ぶりの再起戦は8回TKO勝ちを収め[17]2015年9月30日、後楽園ホールで王者小國以載と日本スーパーバンタム級タイトルマッチを行い、10回0-3(93-98、93-97×2)の判定負けを喫して日本王座獲得に失敗した[18]

2016年3月17日、後楽園ホールで開催された「ファイティングビー16」にて玉川裕大と57.5キロ契約8回戦を戦い、5回0分36秒TKO勝ちを収め[19]、同年8月7日には天満橋エルシアターで開催された「第57回CHAMPION'S ROAD」にて加治木了太とフェザー級8回戦を戦い、8回3-0(79-74、78-74、78-75)の判定勝ちを収めた[20]

2017年2月28日、後楽園ホールでエークサクダー・モークルンテープトンブリー(タイ)と58キロ契約8回戦を戦い、2回2分16秒TKO勝ちを収め[21]、同年10月21日、後楽園ホールで開催された「日本タイトル最強挑戦者決定戦」にて岩井大とフェザー級8回戦を戦い、8回3-0(78-75、77-75、77-76)の判定勝ちを収めて日本タイトルへの挑戦権を獲得した[22]

2018年4月7日、後楽園ホールで開催された「第572回ダイナミックグローブ」にて日本王者大橋健典と日本フェザー級タイトルマッチを行い、7回1分12秒TKO勝ちを収めて日本王座獲得に成功した[23][24]。なおこの日は母親の一周忌だった[25]。翌月9日には東日本ボクシング協会の4月の月間MVPに選ばれた[26]

2018年8月9日、後楽園ホールで開催された「ダイヤモンドグローブ」にて日本ランク3位大坪タツヤと日本フェザー級タイトルマッチを行い、9回2分24秒TKO勝ちを収めて日本王座初防衛に成功した[27]

2018年12月24日、来年5月1日に日本フェザー級1位阿部麗也とフェザー級タイトルマッチを行うことが発表された[28]

2019年5月1日、後楽園ホールで行われた「DANGAN223」で阿部麗也と日本フェザー級タイトルマッチを行い、10回1-1(94-95、94-94×2)で引き分けとなり、王座の2度目の防衛に成功した[29]

人物[編集]

  • 実家は飲食店を経営している[30]
  • 趣味はトランペット、サイクリング、盆栽。
  • 好きなボクサーはナジーム・ハメド

獲得タイトル[編集]

戦績[編集]

  • プロ - 21戦16勝5敗1分(13KO)
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2011年1月27日 勝利 1R 0:45 KO 橋本雅功(東拳) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 2011年4月15日 勝利 1R 0:42 KO 三輪広志(元気) 日本の旗 日本
3 2011年6月6日 勝利 3R 1:19 TKO 原有吉(白井・具志堅スポーツ 日本の旗 日本
4 2011年8月2日 勝利 4R 判定3-0 在塚太一郎(伴流) 日本の旗 日本
5 2011年9月28日 敗北 1R 1:41 KO 岩﨑悠輝(新開) 日本の旗 日本
6 2012年2月10日 勝利 3R 2:32 KO 若松竜太(勝又) 日本の旗 日本
7 2012年6月22日 勝利 4R 2:59 TKO 篠原武大 (全日本パブリック) 日本の旗 日本
8 2012年12月18日 勝利 6R 0:26 TKO 鈴木鹿平(E&Jカシアス) 日本の旗 日本
9 2013年2月27日 敗北 5R 1:54 TKO 片桐秋彦(川崎新田) 日本の旗 日本
10 2013年7月19日 敗北 8R 判定0-3 伊藤雅雪(伴流) 日本の旗 日本
11 2013年12月7日 勝利 8R 1:26 KO 菊地永太(真正 日本の旗 日本
12 2014年4月9日 勝利 6R 0:40 TKO 高野誠三(真正) 日本の旗 日本
13 2014年8月11日 敗北 8R 判定0-3 久永志則(角海老宝石 日本の旗 日本
14 2015年2月18日 勝利 8R 1:02 TKO 堀池雄大(帝拳 日本の旗 日本
15 2015年9月30日 敗北 10R 判定0-3 小國以載(角海老宝石) 日本の旗 日本 日本スーパーバンタム級タイトルマッチ
16 2016年3月17日 勝利 5R 0:36 TKO 玉川裕大(渡嘉敷) 日本の旗 日本
17 2016年8月7日 勝利 8R 判定3-0 加治木了太(大鵬) 日本の旗 日本
18 2017年2月28日 勝利 2R 2:16 TKO エークサクダー・モークルンテープトンブリー タイ王国の旗 タイ
19 2017年10月21日 勝利 8R 判定3-0 岩井大(三迫 日本の旗 日本 A級トーナメント決勝戦
20 2018年4月7日 勝利 7R 1:12 TKO 大橋健典(角海老宝石) 日本の旗 日本 日本フェザー級タイトルマッチ
21 2018年8月9日 勝利 9R 2:24 TKO 大坪タツヤ(T&T) 日本の旗 日本 日本王座防衛1
22 2019年5月1日 引分 10R 判定1-1 阿部麗也KG大和 日本の旗 日本 日本王座防衛2
テンプレート

脚注[編集]

  1. ^ BoxRecレーティング 【国内/男子】フェザー級 (57.15 kg以下) BOXINGアンテナ
  2. ^ DANGAN77 Dangan
  3. ^ 源大輝が母の1周忌に涙の王座奪取! 「母ちゃん! ベルト取ったよ!」 スポーツ報知 2018年4月7日
  4. ^ 2011年1月試合結果 日本ボクシングコミッション
  5. ^ 2011年4月試合結果 日本ボクシングコミッション
  6. ^ ボクシング試合結果 ボクシング・ジーン
  7. ^ ボクシング試合結果 ボクシング・ジーン
  8. ^ 2011年9月試合結果 日本ボクシングコミッション
  9. ^ ボクシング試合結果 ボクシング・ジーン
  10. ^ 6.22 今日の後楽園ホール ボクシング・ジーンのブログ(2012年6月22日)
  11. ^ 12.18 今日の後楽園ホール ボクシング・ジーンのブログ(2012年12月18日)
  12. ^ 2.27 今日のとどろきアリーナ ボクシング・ジーンのブログ(2013年2月27日)
  13. ^ 試合結果 7月19日 伴流ボクシングジム(2013年7月20日)
  14. ^ 2013年12月試合結果 日本ボクシングコミッション
  15. ^ 2014年度試合結果 真正ボクシングジム
  16. ^ 日本8位の源大輝を小差判定で下し、久永志則が再起に成功 角海老宝石ボクシングジム(2014年8月11日)
  17. ^ 源、8回TKO勝ち! ワタナベボクシングジム(2015年2月19日)
  18. ^ 小國以載が2度目の防衛成功、日本S・バンタム級 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年9月30日
  19. ^ IBF10位の近藤明広、無敗の山口祥吾に判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2016年3月17日
  20. ^ アムナット五輪初戦突破、源大輝ランカー対決制す Boxing News(ボクシングニュース) 2016年8月8日
  21. ^ 京口紘人がOPBF王座獲得、デビューから6連続KO Boxing News(ボクシングニュース) 2017年2月28日
  22. ^ 鈴木悠介、源大輝らが日本タイトル挑戦権獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月21日
  23. ^ 源大輝が日本Fe級新王者 母の命日にベルト奪取 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年4月7日
  24. ^ 源が7RTKOで日本フェザー級王者に! ボクシングタイムス 2018年4月8日
  25. ^ 源大輝「母ちゃんの命日に…」日本フェザー級新王者 日刊スポーツ 2018年4月7日
  26. ^ 日本Fe級新王者の源大輝が月間MVP 敢闘賞は小浦翼 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月9日
  27. ^ 源大輝が9回TKO勝ち ダウン挽回で日本Fe級初防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年8月9日
  28. ^ チャンピオンカーニバル発表会 細川バレンvs井上浩、源vs阿部が主役アピール Boxing News(ボクシングニュース) 2018年12月25日
  29. ^ 源大輝が2度ダウン奪ってドロー防衛 日本フェザー級戦 阿部麗也は戴冠ならず Boxing News(ボクシングニュース)2019年5月1日
  30. ^ 源大輝 7回TKO勝ちし新王者 母の命日に勝ち「約束を守れたのでひと安心しています」 スポーツニッポン 2018年4月7日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
大橋健典
第63代日本フェザー級王者

2018年4月7日 -現在

次王者
N/A