海震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

海震(かいしん、英: seaquake)とは、水中・水上において観測される地震動のこと。海上の船舶において観測される事は珍しくない。

概要[編集]

地震動は、各種の地震波によって引き起こされる。このうち、S波や表面波は固体中しか伝播しないために、水中・水上では観測されない。P波は疎密波であるために、液体中も伝播できる。このため、地中で発生した地震波(P波)は、水中を伝播し、船舶などにおいて観測されることとなる。

船舶においては、それなりの衝撃を感じ、船が破壊されるケースもある。また、陸上の震度階級にならい、海震階級も作られている[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 吉村浩, 合田政次, 村尾彰「ニューギニア東方海域で遭遇した海震と海震震度階級について」『日本航海学会誌 NAVIGATION』第149巻、日本航海学会、2001年、 107-110頁、 doi:10.18949/jinnavi.149.0_107ISSN 0919-9985NAID 110006858963

関連項目[編集]