日本海溝海底地震津波観測網

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千島海溝の位置(赤線
日本海溝の位置(赤線

日本海溝海底地震津波観測網(にほんかいこうかいていじしんつなみかんそくもう、英語: Seafloor Observation Network for Earthquakes and Tsunamis along the Japan Trench 、略称 S-net)は、防災科学技術研究所により運用管理される房総半島沖から根室沖の太平洋の最大水深6000mを超える海底に設置された、ケーブル式観測機器(海底地震計、海底津波計)によるリアルタイム観測網。6系統の海底ケーブルで構成され、観測点150カ所と総延長約5,700kmによる世界でも類のない規模のリアルタイム海底地震計ネットワークである。(2015年時点、構築中)

目的[編集]

日本海溝および千島海溝南部で発生する海溝型地震や海溝型地震に伴って発生する津波を直接検知する。

  1. 地震と津波の発生を早期に検知し高精度で迅速な津波の予測を行う。
  2. 情報伝達により被害の軽減や避難行動などの災害対策に貢献する。
  3. リアルタイムに24時間連続で観測データを取得し、関係機関に即時流通させて監視や地震調査研究に活用する。

整備の背景[編集]

日本付近のプレートの分布および、本震震源域・余震域の分布とメカニズム

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の際に、津波規模の迅速な予測と地震の前兆現象を観測できていなかったことなどから当該観測網の整備が計画された[1]

特に、陸上観測点から200km程度離れたプレート境界断層浅部、海溝軸周辺で生じる微少地震が観測できていないだけでなく、通常の地震の規模や位置決定の精度にも劣っていた。また、2011年当時、東北沖の海底観測網は東京大学地震研究所が釜石沖に設置した地震計3台と津波計2台からなる観測システムのみであった。

整備計画[編集]

三陸沖〜房総沖の海溝型地震想定震源域
大正関東地震(赤塗りの領域)と元禄関東地震(赤点線内の領域)の想定震源域
地震調査委員会,2004

観測網は、6つのサブシステムと6つの地上局からなるり、水深1500m以浅の海域では、観測装置と海底ケーブルは海底下に埋設される。

サブシステム
  • S1 房総沖サブシステム
  • S2 茨城・福島沖サブシステム
  • S3 宮城・岩手沖サブシステム
  • S4 三陸沖北部サブシステム
  • S5 釧路・青森沖サブシステム
  • S6 海溝軸外側(アウターライズ)サブシステム
地上局(予定地を含む)

沿革[編集]

  • 2011年 計画立案
  • 2013年度 (平成25年度) 房総沖(S1)の設置完了。
    • 7月3日 工事着手
  • 2014年[2]
    • 三陸沖北部(S4)の設置開始。
    • 7月22日 略称 (S-net) に決定。
    • 宮城・岩手沖(S3)の設置開始。
  • 2015年度(平成27年度) 本格運用(部分運用)開始予定。

出典[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]