海老根靖典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
海老根 靖典
えびね やすのり
生年月日 (1955-08-17) 1955年8月17日(63歳)
出生地 北海道
出身校 横浜国立大学経営学部
所属政党自由民主党→)
無所属
称号 経営学士

Flag of Fujisawa, Kanagawa.svg 第21代 藤沢市長
当選回数 1回
在任期間 2008年2月26日 - 2012年2月25日

当選回数 4回
在任期間 1991年5月 - 2007年4月
テンプレートを表示

海老根 靖典(えびね やすのり、1955年8月17日 - )は、日本の政治家。元神奈川県藤沢市

来歴[編集]

北海道生まれ。検察官である父親の転勤に伴い、各地を転居していたが、最終的に湘南、藤沢を気に入り定住することになった。

横浜国立大学経営学部を卒業すると同年、松下政経塾(第2期生)に入塾。

山本捷雄が市議から転じて市長選に出馬する際に「自分は市長に挑戦するから君も市議会議員に挑戦しないか」と誘われ1991年に初当選(なお、山本は1992年の市長選では当時現職だった葉山峻に敗北。山本の市長就任は葉山の国会転出後の1996年である)。

以来、藤沢市議会議員を4期16年務めた後、山本の4選不出馬表明を受けて後継候補として市長選に立候補し、対立候補だった前神奈川県議会星野剛士らを僅差で破り当選。 市議時代は自民党所属(選挙では非公認)だったが現在は離党し無所属である。

2012年2月、再選を目指して市長選に立候補したものの、県議を辞職して立候補した鈴木恒夫に敗れ落選した。

火災報知機取り外し問題[編集]

2012年8月、市長時代に市庁の食堂でバーベキューをした際、火災報知機6個を外したとして書類送検された。この問題は2010年から2011年にかけての2年間、火災報知機をバーベキューの時に外していたとされる。バーベキューは海老根本人と副市長(当時)2人、市の職員10人で催していた。海老根と前副市長2人は知らなかったと弁解しているが、職員は全員知っていたと話している。8月15日、「書類送検されたことについては捜査の結果を待ちたい」との談話を発表した。

人物[編集]

スポーツマンであり、自らサッカーチーム「エビマーレ」を結成、キャプテンとして活動している。また、2007年3月に行われた第1回湘南国際マラソンでは当時の神奈川県知事松沢成文と参加し完走している。この時のことを松沢は「僕のほうが若いのに(海老根に)負けた」と語っている。ほかにも水泳を趣味としている。

政治家として[編集]

市議会副議長[編集]

当選2回目で副議長となった。藤沢市では歴代最年少での就任。これは人事調整が不調であったためである。

副議長にも専用の自動車と運転手が用意されるが自宅が役所から歩いても5分とかからなかったうえ、公約として行政改革を謳っていたため議長と議会事務局との打ち合わせのときは出迎えを断った。

ところが同僚議員から猛反対を受ける結果となってしまった。理由は一旦、予算を削減すると復活できないというのと近隣自治体も副議長車があるので藤沢市だけ無いというのは体面上困るという理由だった。

また、運転手自身からも「2年前に昇格して副議長車の担当になりました。予算がカットされれば、私は地位を失いかねません。家のローンも支払っていかねばなりません。夕方5時以降も公務的な会合には出来るだけ副議長車を使っていただけないでしょうか。今までの副議長は5時以降も出来るだけ利用していただいておりました」と懇願された。

副議長車を廃止するには時間がかかるとわかり早急な廃止を諦めることとなったが、年末年始の多忙なスケジュールを体験した海老根は結果的に「専用車が無ければ(公務を)こなせなかった」と振り返っている。

海老根が副議長に就任するまでは議長・副議長共に1年任期とする慣例だったが、上記のような経験から「1年では何も改革できない」と悟り、それをもとに同僚議員に相談し議長、副議長とも任期を2年に改正した。

市長時代[編集]

一番の公約に掲げた行政改革だが海老根にとっては難儀を強いられることとなってしまった。支援者から「行政を批判すると選挙に不利」と注意されたためである。しかし当時、野党であった海老根は「行政の無駄こそ省いていくべき」と行政改革特別委員会の設置を提案した。これを機に議論が本格化し委員会設置後、藤沢市は5年間で100人100億円の削減を達成した。

尚、行政改革に対して海老根を触発したのは藤沢市内の慶應義塾大学の学園祭での先進事例や参考になる学説の披露などのシンポジウム(慶應大学の学生サークル「地方政府研究会(LAF)」の主催による「行革スター☆誕生」)である。このシンポには、海老根に市議選への出馬を勧めた、当時の藤沢市長の山本捷雄がパネリストのひとりとして参加していた。

その一方で、2010年に市内善行地区の取付け道路もない土地を1億円で購入したことが問題となり、その後も選挙資金に関係する不祥事などが立て続けに発覚、これらが市民の不信を招いて再選を妨げる結果につながった。 善行地区土地問題については、2013年4月市は土地取得当時の海老根市長、副市長など4人を背任容疑で告発した。同年12月県警が書類送検。2014年1月17日横浜地検は不起訴とした[1]。一方、告発された4人は2012年10月10日名誉を棄損されたとして市に損害賠償を求め提訴。2016年1月28日横浜地裁は請求を棄却[2]

主な松下政経塾の同期生[編集]

脚注[編集]


第18-20代:
山本捷雄
日本の旗 藤沢市
第21代:2008 - 2012
第22代:
鈴木恒夫 (藤沢市長)