海洋療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

海洋療法(かいようりょうほう)とは、「タラソテラピー(thalassotherapy)」の日本語訳。Thalassotherapyはギリシャ語のthalasso(海)、フランス語のtherapie(治療)の複合語フランス医学アカデミーフランス語版の定義では「海洋気候の作用の中で、海水海藻海泥を用いて行う治療」とされている。

概要[編集]

海洋療法の分類・作用機序を整理すると、大きくは直接利用と間接利用に分けられる。

直接利用の例として、海水によるハイドロセラピー(水治療法)、海水の浮力や水圧を活かしたマッサージや水中運動などは、文字通り海水に直接接することで物理作用、薬理作用、さらには心理作用が期待できる。海水由来の素材を直接用いるものに、海藻療法(アルゴテラピー)、海泥療法(ファンゴテラピー)がある。海藻には肌の性質を整える微量元素、ビタミン等の含有量が豊富で、海泥は吸着効果に優れる特性があり、これらを皮膚に直接塗布することで美容効果、温熱効果が期待できる。

一方、間接利用には、起伏に富んだ海岸沿いでの運動(地形療法)や海洋性気候への転地滞在(転地療法)があり、心身両面への作用が期待される。また、海洋動物が持つ特性をアシストの役割に活かすものにイルカ介在療法がある。発育発達障害、ダウン症、脳性麻痺、自閉症、うつ病などに対する心理作用効果が近年大きく注目されている海洋療法のひとつである。

このような分類、手法、作用機序は基本的には温泉療法と類似するものが多い[1]

体験施設[編集]

日本

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]