海上保安監

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

海上保安監(かいじょうほあんかん、Vice Commandant for Operations)は、海上保安庁に設置される職の一で、「長官を助け、海上の安全及び治安に重要な影響を与える事態への対処並びに当該事態の発生の予防に関する事務を整理する」(国土交通省組織令第245条[1])ことを職掌とする。2013年5月15日以前は警備救難監(けいびきゅうなんかん)の名称で「長官を助け、海上保安庁の使用する船舶、航空機及び情報通信システムの整備計画及び運用に関する事務を整理する」(国土交通省組織令第245条に規定する)ことを職掌としていたが、同年5月16日に国土交通省組織令が改正され、名称と職掌が変更された[2][3]

概要[編集]

海上保安庁の職制のなかで、海上保安庁次長と並び海上保安庁長官に次ぐ地位にある。

長官・次長は国土交通省から出向するキャリア官僚が就くことが通例であったため、海上保安大学校出身の生え抜きの海上保安官が就任する最高位のポストとされてきたが、2010年には城野功が海上保安庁次長に昇任し、更に2013年には佐藤雄二が海上保安庁長官へ昇任して以後、2016年には中島敏が、2018年には岩並秀一が、2020年には奥島高弘が海上保安庁長官へ昇任し、2013年以降は逆に国土交通省キャリア官僚は、海上保安庁長官に就任していない。。

海上保安監の官職にある者は外局次長級として指定職3号俸が国庫から支給される[4][5]

歴代の警備救難監・海上保安監[編集]

氏名 任命年月日 前職 後職
警備救難監
冨賀見栄一 2006.4.1 警備救難部
石橋幹夫 2008.4.1 警備救難部長
城野功 2009.4.1 警備救難部長 海上保安庁次長
牛島清 2010.8.10 第三管区海上保安本部
向田昌幸 2011.9.16 警備救難部長
岩男雅之 2012.4.1 警備救難部長
佐藤雄二 2013.4.1 警備救難部長 海上保安監[注 1]
海上保安監
佐藤雄二 2013.5.16 警備救難監[注 1] 海上保安庁長官[注 2]
鈴木洋 2013.8.1 警備救難部長[6] 退職
中島敏 2015.4.1 警備救難部長 海上保安庁長官
秋本茂雄 2016.6.21 警備救難部長 退職
岩並秀一 2017.4.21 警備救難部長 海上保安庁長官
奥島 高弘 2018.7.31 警備救難部長 海上保安庁長官
星 澄男 2020.1.7 警備救難部長

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 警備救難監を廃止し海上保安監を新たに設置したことに伴う発令。
  2. ^ 史上初めての海上保安官(現場)出身の長官。

出典[編集]