浅原六朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浅原 六朗
ペンネーム 浅原鏡村
誕生 1895年2月22日
長野県北安曇郡池田町村
死没 (1977-10-22) 1977年10月22日(82歳没)
職業 小説家作詞家俳人大学教授
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学英文科卒業
文学活動 モダニズム、人間俳句
代表作てるてる坊主
主な受賞歴 児童文化功労者(1965年)
デビュー作 『鳥籠』(1918年)
テンプレートを表示

浅原 六朗(あさはら ろくろう、1895年2月22日 - 1977年10月22日)は、日本小説家作詞家俳人大学教授

童謡てるてる坊主」の作詞者、浅原鏡村としても知られる。

来歴[編集]

長野県北安曇郡池田町村生まれ。父が牧師をしていた福島県石城郡平町(現・いわき市)へ移る。早稲田大学英文科卒。1930年、新興芸術派倶楽部の結成に参加、モダニズム文学の作家として活躍。のち久野豊彦と新社会派を称する。その後、通俗小説、少年読み物を書く。戦後、日本大学藝術学部教授。「てるてる坊主」などの童謡を浅原鏡村の名で作詞した。また横光利一の勧めで俳句も始め、「人間俳句」を提唱、「俳句と人間の会」を主宰した[1]

1977年、軽井沢で死去[1]

著書[編集]

  • 美しき幸福 実業之日本社 1921
  • 世界天才異聞集 浅原鏡村 実業之日本社 1924
  • 青ぞらのとり 浅原鏡村 フタバ書房 1927
  • 都会の点描派 中央公論社 1929
  • ビルディングと小便 赤炉閣書房 1930
  • 霧の夜の客間 新潮社 1930 (新潮社長篇文庫)
  • 或る自殺階級者 天人社 1930 (現代暴露文学選集)
  • 女群行進 新潮社 1930 (新興芸術派叢書)
  • 新社会派文学 久野豊彦共著 厚生閣書店 1932
  • 混血児ジョオヂ 創作集 新潮社 1933
  • 愛慾の鋪道 新潮社 1934
  • 愛の非常線 1934
  • 三人目の女 信正社 1937
  • 月明に咲く花 常山堂書店 1937.12
  • 聖唇 八紘社 1939
  • 第二の烙印 新生社書店 1939.7
  • 銀幕の母 八紘社 1939.8
  • 女生くる日 大都書房 1940
  • 熱風 八紘社 1940
  • 激流と愛 大都書房 1941
  • 建設の凱歌 金鈴社 1942
  • 新生の譜 金鈴社 1942
  • 激動期のノート 育生社弘道閣 1942 (新世代叢書)
  • 兄いもうと 信陽書院 1942
  • 新らしき愛 新生堂 1943
  • 雲を追ふ人 忠文館書店 1943
  • 若き女性の倫理 昭和刊行会 1944
  • 金色の柩車 蒼土社 1947
  • 魔風党事件 むさし書房 1948
  • 白薔薇少女 泰文館 1948 (少年少女世界名作文庫)
  • 想い出の歌 長篇少女小説 東光出版社 1949.2
  • 恐しき接吻 向楽社 1955
  • 欣求鈔 句集 創紀房 1974
  • 定本浅原六朗句集 創紀房新社 1978
  • 浅原六朗選集 全3巻 河出書房新社 1993.10
  • てるてる坊主の歌 宝塚出版 2005.4
  • 天衣百韻 淺沼璞選 マニュアルハウス 2006.10
復刻
  • 青ぞらのとり 大空社 1997.3 (叢書日本の童謡)
  • 或る自殺階級者 本の友社 2000.1 (現代暴露文学選集)
  • 女群行進 ゆまに書房 2000.3 (新興藝術派叢書)

編著[編集]

  • 名作への招待 第1-8集 森脇文庫 1956-1957
  • 世界名作物語 第1 1956 (河出新書)
  • 世界名作選集 ダイジェスト版 第1-6 冬樹社 1965-1966

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 浅原六朗プロフィール 池田町ホームページ、2016年10月13日更新。

参考[編集]

  • 「浅原六朗選集」第3巻の年譜

外部リンク[編集]