久野豊彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

久野 豊彦(くの とよひこ、1896年9月12日-1971年1月26日)は、日本の小説家、経済学者。

来歴[編集]

愛知県出身。慶應義塾大学卒。大正末から小説を書き、新興芸術派の一人。戦後、名古屋商科大学教授(経済学)。67年定年。クリフォード・ダグラスen:C. H. Douglas)に依拠して反マルクス主義の立場をとった。

著書[編集]

  • ボール紙の皇帝万歳 新鋭文学叢書 改造社 1930
  • 新芸術とダグラスイズム 天人社 1930 (新芸術論システム)
  • 聯想の暴風 新潮社 1930 (新興芸術派叢書)
  • 艶文蒐集 第一書房 1932
  • 新社会派文学 浅原六朗共著 厚生閣書店 1932
  • 人生特急 時局経済小説 千倉書房 1932.11
  • ナポレオン伝 春陽堂 1933 (少年文庫)
  • 人生の注意がき 教材社 1937
  • 山岳征服冒險記 大日本雄辯會講談社 1937.8 (世界冒險探檢叢書)
  • 血・鉄・利潤 武器・情報・スパイ 玄海書房 1938
  • 天理教の本義 生活社 1938
  • ソ聯は今後どう動くか 實業之日本社 1938.1
  • 諜報の理論と技術 育生社弘道閣 1941 (新世代叢書)
  • 東漸するソ聯 愛之事業社 1942
  • ブロッケン山の妖魔 久野豊彦傑作選 嶋田厚編 工作舎 2003.3 ISBN 978-4-87502-370-8
復刊 
  • ボール紙の皇帝万才 ゆまに書房 1998.5 (新鋭文学叢書)
  • 聯想の暴風 ゆまに書房 2000.3 (新興藝術派叢書)

翻訳[編集]

  • 新労働政策 カズンス ダグラス派経済学全集 第5 春陽堂 1931
  • ダグラスの経済哲学 高野善一郎共訳 ダグラス派経済学全集 第7 春陽堂 1931
  • 青年の計画 ピトキン 第一書房 1935
  • 雪山の生活者 トレンカー 第一書房 1935
  • 人は何故に失敗するか W.A.ホワイト 偕成社 1936
  • ジャングルの生活者 トオランス 三省堂 1942 

参考[編集]

  • 日本人名大辞典 
  • 新潮文学事典