波多野晴通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
波多野晴通
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 永禄3年(1560年
別名 通称:与兵衛
主君 三好長慶
氏族 丹波波多野氏
父母 父:波多野稙通
兄弟 元秀晴通、三好長慶正室
秀治秀尚秀香

波多野 晴通(はたの はるみち)は、戦国時代大名丹波国八上城主。

生涯[編集]

丹波の大名波多野稙通の嫡男として誕生。12代将軍足利義晴から偏諱を受け晴通と名乗る。

父・稙通は丹波一国を統一し、三好長慶に娘を娶らせて友好関係を保つなど優れた武将であったが、晴通は暗愚だったといわれている。

天文17年(1548年)、長慶が稙通の娘と離縁したため、細川晴元と結び三好氏と対立した。居城・八上城に籠城して数度の撃退には成功したものの次第に三好氏に侵攻されるようになった。最終的には松永久秀と弟・長頼[1]に侵攻され、天文24年/弘治元年(1555年)に降伏した。

永禄3年(1560年)、死去。

脚注[編集]

  1. ^ 丹波守護代内藤氏を継ぎ、後に内藤宗勝と改名。

出典[編集]

  • 渡邊大門「波多野氏の丹波国支配をめぐって―天文・永禄年間を中心に―」(『鷹陵史学』37号、2011年)

関連項目[編集]