池上冬樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池上 冬樹(いけがみ ふゆき、1955年 - )は、日本の文芸評論家書評家。マルタの鷹協会会員[1]

山形市生まれ。山形県立山形中央高等学校立教大学文学部日本文学科卒。マルタの鷹協会に寄稿していた書評を小鷹信光に注目され、アシスタント業務を担当するようになる[2]ハードボイルドの翻訳から初めて、ミステリなどの書評家となり、『週刊文春』、『本の雑誌』、『ミステリマガジン』、「日本経済新聞」などではばひろく書評・批評をおこなう。2004年から3年間「朝日新聞」書評委員[3]

山形市在住であり、さくらんぼテレビジョン主宰の小説家(ライター)になろう講座では世話役を担当。地方の講座としては異例なほどの一線級の現役作家を揃える講師陣を擁している。同講座受講生出身の作家には、紺野仲右ヱ門黒木あるじ深町秋生柚月裕子吉村龍一織田啓一郎などがいる。

金井たつおは高校の同級生。また松坂俊夫は高校時代の恩師である[4]

編著書[編集]

  • 『ヒーローたちの荒野』(本の雑誌社)2002
  • 編著『ミステリ・ベスト201日本篇』(新書館)1997

翻訳[編集]

[編集]