水野亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水野 亮(みずの あきら、1902年11月18日 - 1979年2月14日)は、フランス文学者、翻訳家。

経歴[編集]

長野県北佐久郡高瀬村(現佐久市)出身。旧制長野中学(長野県長野高等学校)を経て、1926年東京帝国大学仏文科卒、東大図書館に勤務しつつ、オノレ・ド・バルザックを主として数多くの翻訳を行った。豊島与志雄の『レ・ミゼラブル』の翻訳の誤訳や脱漏を指摘し、豊島に喜ばれ、自らの翻訳を刊行した。明治大学では非常勤講師、中央大学では専任講師としてフランス語を教えた。バルザック研究者としての子弟関係にあった私市保彦(武蔵大学名誉教授)との縁故により、武蔵大学に蔵書が水野文庫として遺贈された。

著書[編集]

  • 仏蘭西写実主義 バルザック、フローベルゾラ 生活社 1946
  • バルザック 人と作品 白日書院 1946
  • バルザックの魅惑 生活社 1947

翻訳[編集]

  • バルザツク小説集 春陽堂 1924以前
  • レ・ミゼラブル ユーゴー 世界文豪代表作全集刊行会 1926-1927
  • 知られざる傑作 バルザック 岩波文庫 1928
  • 従妹ベット バルザック 世界文学全集第17巻 新潮社 1930 のち岩波文庫
  • 従兄ポンス バルザック 岩波文庫 1930-1931
  • 「絶対」の探究 バルザツク 春陽堂 1932
  • 海辺の悲劇 バルザック 岩波文庫 1934
  • 農民 田園生活場景 バルザツク全集 第10巻 河出書房 1936 のち岩波文庫
  • 脂肪の塊 モーパッサン 岩波文庫 1938
  • 赤い宿屋 バルザック 青木書店 1940(ふらんすロマンチック叢書)
  • 酒樽 モーパッサン 岩波文庫 1941
  • ツールの司祭・赤い宿屋 バルザック 岩波文庫 1945
  • 蘆笛集 ヴァニナ・ヴァニニ(スタンダール)ほか 壮文社 1947
  • ウジェニー・グランデ バルザック選集 第3巻 新潮社 1949 のち岩波文庫
  • 暗黒事件 バルザック選集 第8巻 新潮社 1949 のち岩波文庫
  • 過去のない女 第1-2 G.グルーサール 岩波書店 1952-1953
  • バルザック シュテファン・ツヴァイク 早川書房 1959
  • 世界文学大系 第23 ゴプセック、沙漠の情熱、恐怖時代の一插話 バルザック、筑摩書房 1960
  • 世界文学大系 第24 ゴリオ爺さん バルザック 筑摩書房 1963
  • 世界の名作 第22 谷間のゆり バルザック 集英社 1965

外部リンク[編集]