水洞区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
水洞区
位置
DPRK2006 Hamnam-Sudong.PNG
各種表記
チョソングル: 수동구
漢字: 水洞區
片仮名転写: スドン=ク
ローマ字転写 (MR): Sudong ku
統計
行政
国: 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
テンプレートを表示

水洞区(スドンく)は、朝鮮民主主義人民共和国咸鏡南道の行政区域。市・郡と同格で、道に直属する。

高原炭田・文川炭田がある炭坑地帯で、無煙炭を産する。

地理[編集]

咸鏡南道の西南端に位置する。東は高原郡、北は耀徳郡と隣接。西は平安南道、南は江原道川内郡である。

行政区画[編集]

6洞・14里を管轄する。

  • 徳寺洞(トクサドン)
  • 水洞洞(スドンドン)
  • 雲谷洞(ウンゴクトン)
  • 院巨洞(ウォンゴドン)
  • 長洞洞(チャンドンドン)
  • 八興洞(パルンドン)
  • 龍坪里(リョンピョンニ)
  • 山谷里(サンゴンニ)
  • 三坪里(サンピョンニ)
  • 城南里(ソンナムニ)
  • 城内里(ソンネリ)
  • 秀山里(スサンニ)
  • 雲山里(ウンサンニ)
  • 雲興里(ウヌンニ)
  • 蔵糧里(チャンニャンニ)
  • 竹田里(チュクチョンニ)
  • 泉城里(チョンソンニ)
  • 天乙里(チョヌルリ)
  • 杻田里(チュクチョンニ)
  • 回坪里(フェピョンニ)

歴史[編集]

もとは高原郡の一部。

年表[編集]

この節の出典[1]

  • 1990年12月 - 咸鏡南道高原郡水洞労働者区・雲谷労働者区・長洞労働者区・八興労働者区・院巨労働者区・徳寺労働者区・杻田里・泉城里・龍坪里・城内里・三坪里・天乙里・雲興里・城南里・竹田里・山谷里・秀山里・雲山里・蔵糧里・回坪里をもって、水洞区を設置。(6洞14里)
    • 水洞労働者区が水洞洞に昇格。
    • 雲谷労働者区が雲谷洞に昇格。
    • 長洞労働者区が長洞洞に昇格。
    • 八興労働者区が八興洞に昇格。
    • 院巨労働者区が院巨洞に昇格。
    • 徳寺労働者区が徳寺洞に昇格。

水洞郡[編集]

  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、咸鏡南道高原郡雲谷面・山谷面および水洞面の一部、江原道文川郡雲林面の一部地域をもって、咸鏡南道水洞郡を設置。水洞郡に以下の邑・労働者区・里が成立。(1邑3労働者区15里)
    • 水洞邑・蔵糧里・景屯里・竹田里・雲山里・山谷労働者区・雲谷労働者区・杻田里・城南里・秀山里・乾川里・院巨里・雲興里・天乙里・龍坪里・館坪里・仁興里・泉城里・長洞労働者区
  • 1954年 (1邑3労働者区15里)
    • 水洞邑が城内里に降格。
    • 景屯里・秀山里・乾川里の各一部が合併し、水洞邑が発足。
    • 景屯里の残部が秀山里に編入。
  • 1956年 - 乾川里が長洞労働者区に編入。(1邑3労働者区14里)
  • 1958年 - 耀徳郡三坪里・回坪里を編入。(1邑3労働者区16里)
  • 1961年 - 雲谷労働者区の一部が龍坪里に編入。(1邑3労働者区16里)
  • 1972年 (1邑5労働者区14里)
    • 仁興里が八興労働者区に昇格。
    • 院巨里が院巨労働者区に昇格。
  • 1974年1月 - 水洞郡廃止。
    • 水洞邑・蔵糧里・竹田里・雲山里・山谷労働者区・雲谷労働者区・杻田里・城南里・秀山里・院巨労働者区・雲興里・天乙里・龍坪里・館坪里・八興労働者区・泉城里・長洞労働者区・城内里・三坪里・回坪里が高原郡に編入。

交通[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]