水城圭次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水城 圭次(みずしろ けいじ、1883年明治17年)11月10日 - 1927年昭和2年)12月26日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍大佐

履歴[編集]

長野県東筑摩郡中山村に村長・水城高次郎の三男として生まれる。松本中学校を経て、1904年(明治37年)11月、海軍兵学校32期)を卒業し少尉候補生となり、日露戦争に出征。1905年(明治38年)8月、海軍少尉任官。防護巡洋艦「津軽」分隊長などを経て、海軍大学校乙種、海軍砲術学校高等科で学んだ。1911年(明治44年)12月、防護巡洋艦「筑摩」分隊長に就任し、防護巡洋艦「秋津洲」砲術長、砲術学校教官などを歴任。1917年(大正6年)11月、海軍大学校(甲種15期)を卒業した。

1917年大正6年)12月、砲術学校教官となり、第2戦隊参謀呉鎮守府参謀を経て、1920年(大正9年)12月、海軍中佐に昇進。第3艦隊参謀、第2艦隊参謀、海大教官を歴任。1924年(大正13年)12月、海軍大佐に進級。1926年(大正15年)5月、軽巡洋艦「名取」艦長となり、同年11月、軽巡洋艦「神通」艦長に異動。

1927年(昭和2年)8月24日島根県美保関沖での夜間演習中に「神通」は駆逐艦」と衝突、「蕨」は沈没し乗員ほか119名の死者を出した。同年10月、横須賀鎮守府付となり、軍法会議の判決が下される前日(12月26日)に自宅で自殺した(美保関事件)。享年44歳。砲術のエキスパートとしての長年のキャリアがたたり、左耳の聴力を失ったうえ右耳も聞こえにくくなるという難聴を抱えていたことが事故の要因となってしまった。

墓碑は、東京の多磨霊園松本市神田の自性院にある。多磨霊園の墓の裏には、海軍有志により記念碑が建立されている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]