水上郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
嘉義県の旗 嘉義県 水上郷
別称: 水堀頭
地理
Kagiken-mizukamikyou.svg
位置 北緯23°26'
東経120°24'
面積: 69.1198 km²
各種表記
繁体字: 水上郷
日本語読み: すいじょう
みずかみ[1](慣用読み)
漢語: Shuĭshàng
通用: Shuĕishàng
注音符号: ㄕㄨㄟˇ ㄕㄤˋ
片仮名転写: シュイシャン
行政
行政区分:
上位行政区画: 嘉義県の旗 嘉義県
下位行政区画: 26村393鄰
政府所在地: -
水上郷長: 王啓
公式サイト: 水上郷公所
情報
総人口: 51,248 人(2014年1月)
戸数: 17,782 戸(2014年1月)
郵便番号: 608
市外局番: 05
水上郷の木: -
水上郷の花: -
水上郷の鳥: -

水上郷(すいじょう-きょう)は台湾嘉義県

地理[編集]

水上郷は嘉義県南部に位置し、北は太保市及び嘉義市西区と、西は鹿草郷と、東は中埔郷と、南は八掌渓を隔てて台南市白河区及び後壁区と接している。

本郷は嘉南平原八掌渓北岸に位置し、地勢は平坦である。北回帰線が本郷を通過している。

歴史[編集]

水上郷の旧称は「水堀頭」である。清代の康熙年間に漢人が入植し、灌漑用の「水堀池」を築き開拓を進め、その畔にあった集落であったため「水堀頭」と命名された。日本統治初期は台南州塩水港庁、続いて嘉義庁の管轄になったが、1920年の台湾地方制度改制により「水堀頭」と同義の和語地名「水上庄(みずかみ)」が設置され台南州嘉義郡の管轄となった。戦後、初め台南県水上郷とされたが、1950年嘉義県水上郷と改編され現在に至っている。

経済[編集]

行政区[編集]

歴代郷長[編集]

氏名 任期

教育[編集]

高級職校[編集]

国民中学[編集]

国民小学[編集]

交通[編集]

種別 路線名称 その他
鉄道 縦貫線 水上駅 南靖駅
高速道路 フォルモサ高速公路 水上JCT
省道 台1線
省道 台82線 東西向快速道路東石嘉義線
空港 国内 嘉義水上空港

観光[編集]

  • 北回帰線標誌公園
  • 苦竹寺
  • 額宿上天宮
  • 顔思斉墓

出典[編集]

  1. ^ 「州、廳ノ位置、管轄區域及郡市ノ名稱、位置、管轄區域」大正九年八月十日、臺灣總督府令第四十七號

外部リンク[編集]