気多郡 (兵庫県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
兵庫県気多郡の位置

気多郡(けたぐん)は兵庫県但馬国)にあった

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、豊岡市の一部(日高町赤崎および日高町浅倉を除く日高町各町・上佐野・中郷・引野・土淵・加陽・清冷寺・伏・八社宮・竹野町椒・竹野町三原・竹野町段)にあたる。

歴史[編集]

古代[編集]

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
気多郡 21座(大4座・小17座)
多麻良伎神社 タマラキノ 多摩良木神社 兵庫県豊岡市日高町猪爪
気多神社 ケタノ 気多神社 兵庫県豊岡市日高町上郷 但馬国総社
葦田神社 アシタノ 葦田神社 兵庫県豊岡市中郷
三野神社 ミノノ 三野神社 兵庫県豊岡市日高町野々庄
売布神社
(賣布神社)
ヒメフノ 売布神社 兵庫県豊岡市日高町国分寺
鷹貫神社 タカヌキノ 鷹貫神社 兵庫県豊岡市日高町竹貫
久刀寸兵主神社 クトワ-
クトムラ-
クトネ-
久刀寸兵主神社 兵庫県豊岡市日高町久斗
日置神社 ヒオキノ
ヒキ
日置神社 兵庫県豊岡市日高町日置
楯縫神社 タテヌヒノ 楯縫神社 兵庫県豊岡市日高町鶴岡
井田神社 ヰタノ 井田神社 兵庫県豊岡市日高町鶴岡
思往神社 オモヒヤリノ
ヲモノユクノ
思往神社 兵庫県豊岡市日高町中
御井神社 ミヰノ 御井神社 兵庫県豊岡市日高町土居
高負神社 タカフノ
タカオヒノ
高負神社 兵庫県豊岡市日高町夏栗
佐久神社 サクノ 佐久神社 兵庫県豊岡市日高町佐田
神門神社 カムトノ 神門神社 兵庫県豊岡市日高町荒川
伊智神社 イチノ 伊智神社 兵庫県豊岡市日高町府市場
須谷神社 スタニノ 須谷神社 兵庫県豊岡市日高町藤井
山神社 ヤマノ 名神大 山神社 兵庫県豊岡市日高町山宮 [1]
戸神社 トノ
ヘノ
名神大 戸神社 兵庫県豊岡市日高町十戸 [2]
雷神社 イカツチ 名神大 雷神社 兵庫県豊岡市佐野 [3]
㯮椒神社[注 1] ホソキノ 名神大 㯮椒神社 兵庫県豊岡市竹野町椒 [4]
凡例を表示
  1. ^ 1字目は「木偏に蜀」。

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 幕府領 66村 清冷寺村、八社宮村、伏村、加陽村、上佐野村、土淵村、中郷村、野々庄村、池上村、大岡寺村、堀村、新村、松岡村、府市場村、多田屋村、夏栗村、道場村、海老原村、名色村、栗栖野村、日置村、引野村、上石村、土居村、竹貫村、山宮村、比垣村、栃本村、万場村、山田村、万劫村、水口村、東河内村、太多村、椒村[2]、殿村、広井村、三所村、観音寺村、猪子垣村、石井村、猪爪村、谷村、奈佐路村、河江村、荒川村、田之口村、伊福村、知見村、十戸村、藤井村、野村、稲葉村、久田谷村、三原村、佐田村、庄境村、森山村、上郷村、久斗村、栗山村、篠垣村、奥八代村、段村、羽尻村、伊府村
旗本領 4村 芝村(現・豊岡市日高町芝)、水上村、山本村、八代中村
藩領 但馬出石藩 6村 宵田村、地下村、岩中村、国分寺村、石立村、江原村
幕府領・藩領 幕府領・旗本領 2村 芝村[3](現・豊岡市日高町東芝、西芝)
旗本領・出石藩 1村 祢布村
21.中筋村 22.国府村 23.八代村 24.日高村 25.三方村 26.西気村 27.三椒村(紫:豊岡市 1 - 10は城崎郡 11 - 18は美含郡)
  • 慶応4年
  • 明治2年 - 旗本領が久美浜県の管轄となる。
  • 明治4年
  • 明治9年(1876年8月21日 - 第1次府県統合により兵庫県の管轄となる。
  • 明治初年 - 新村が府中新村に、奥八代村が八代村に、八代中村が中村にそれぞれ改称。
  • 明治9年(1876年)(76村)
    • 多田屋村・伊福村が合併して鶴岡村となる。
    • 国分寺村・石立村が合併して国保村となる。
    • 地下村が岩中村に合併。
  • 明治12年(1879年1月8日 - 郡区町村編制法の兵庫県での施行により、行政区画としての気多郡が発足。「出石気多郡役所」が出石郡出石に設置され、同郡とともに管轄。
  • 明治22年(1889年) - 町村制の施行により、以下の各村が発足。全域が現・豊岡市。(7村)
    • 中筋村 ← 中郷村、引野村、土淵村、加陽村、清冷寺村、伏村、八社宮村
    • 国府村 ← 松岡村、土居村、上郷村、府市場村、府中新村、堀村、野々庄村、池上村、東芝村、西芝村、上石村、上佐野村、竹貫村
    • 八代村 ← 藤井村、奈佐路村、谷村、中村、猪爪村、八代村、小河江村[4]、河江村、大岡寺村
    • 日高村 ← 久田谷村、道場村、夏栗村、久斗村、岩中村、宵田村、江原村、日置村、鶴岡村、祢布村、国保村、水上村、山本村
    • 三方村 ← 羽尻村、殿村、田之口村、広井村、猪子垣村、芝村、庄境村、野村、三所村、荒川村、伊府村、篠垣村、佐田村、知見村、森山村、栗山村、観音寺村、海老原村
    • 西気村 ← 稲葉村、水口村、万劫村、東河内村、山田村、栗栖野村、万場村、名色村、栃本村、石井村、十戸村、比垣村、山宮村、太多村
    • 三椒村 ← 椒村、三原村、段村
  • 明治27年(1894年12月15日 - 西気村の一部(名色村・十戸村・頃垣村・石井村・山宮村・栃本村・神崎村)が分立して清滝村が発足。(8村)
  • 明治29年(1896年4月1日 - 郡制の施行のため、城崎郡・美含郡・気多郡の区域をもって、改めて城崎郡が発足。同日気多郡廃止。

脚注[編集]

  1. ^ 旧高旧領取調帳」は但馬国分が欠けているため、木村礎の手により「天保郷帳」をもとに作成され、「日本史料選書11 旧高旧領取調帳 近畿編」(近藤出版社、1975年)に掲載されたデータが国立歴史民俗博物館によりデータベース化されている。
  2. ^ 記載は「椒中村・古者《桝中村/桝下村/桝床瀬村/桝銅山村》四ヶ村」。
  3. ^ 東芝村(幕府領)・西芝村(旗本領)の総称。本項では2村に数える。
  4. ^ 河江村のうち。本項では村数に数えない。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
城崎郡