美含郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
兵庫県美含郡の位置

美含郡(みくみぐん)は兵庫県但馬国)にあった三含郡と表記することもある[1]

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史[編集]

古代[編集]

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
美含郡 12座(並小)
佐受神社 サウケノ
サス
佐受神社 兵庫県美方郡香美町香住区米地
鷹野神社 タカノノ 鷹野神社 兵庫県豊岡市竹野町竹野
伊伎佐神社 三座 イサキノ (論)伊伎佐神社 兵庫県美方郡香美町香住区余部
(論)平内神社 兵庫県美方郡香美町香住区余部
法庭神社 ノリハノ 法庭神社 兵庫県美方郡香美町香住区下浜
美伊神社 ミイノ 美伊神社 兵庫県美方郡香美町香住区三川
椋橋神社 クラハシノ 椋橋神社 兵庫県美方郡香美町香住区小原
阿古谷神社 アコタニノ 森神社 兵庫県豊岡市竹野町轟
桑原神社 クハハラノ (論)桑原神社 兵庫県豊岡市竹野町森本
(論)桑原神社 兵庫県豊岡市竹野町桑野本
色来神社
(色來神社)
イロキノ
イロクノ
色来神社 兵庫県豊岡市竹野町林
丹生神社 ニフノ 丹生神社 兵庫県美方郡香美町香住区浦上
凡例を表示

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 幕府領 43村 沖浦村[3]、上村[3]、浦上村[3]、下岡村、上岡村、隼人村、畑村、三川村、土生村、本見塚村、大森村、境村、一日市村、若松村、香住村、七日市村、矢田村、下浜村、油良村[4]、守柄村[5]、加鹿野村[6]、森村、小原村、中野村、藤村、八原村、久斗山村、余部村、鎧村、小城村、神原村、御又村、河内村、門谷村、須野谷村、桑野本村、河南谷村、森本村、坊岡村、間室村、三谷村、大野村、二連原村[7]
藩領 但馬出石藩 28村 竹野村、須井村[8]、相谷村、奥安木村、浜安木村、訓谷村、無南垣村、丹生地村、九斗村、米地村、林村、下塚村、大谷村(現・美方郡香美町)、金原村、轟村、小丸村、芦谷村、鬼神谷村、須谷村[9]、和田村[10]、草飼村、切浜村、阿金谷村、羽入村、松本村、宇日村、田久日村、大谷村(現・豊岡市)
11.奥竹野村 12.中竹野村 13.竹野村 14.奥佐津村 15.口佐津村 16.香住村 17.長井村 18.余部村(紫:豊岡市 赤:美方郡香美町 橙:美方郡新温泉町 1 - 10は城崎郡 21 - 27は気多郡)
  • 慶応4年
  • 明治4年
  • 明治9年(1876年8月21日 - 第1次府県統合により兵庫県の管轄となる。
  • 明治初年 - 大谷村(現・豊岡市)が改称して東大谷村となる。
  • 明治12年(1879年1月8日 - 郡区町村編制法の兵庫県での施行により、行政区画としての美含郡が発足。「城崎美含郡役所」が城崎郡豊岡町に設置され、同郡とともに管轄。
  • 明治15年(1882年) - 奥安木村・浜安木村が合併して安木村となる。(71村)
  • 明治19年(1886年) - 神原村が森本村に合併。(70村)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。(8村)
    • 奥竹野村 ← 河南谷村、桑野本村、大森村、須野谷村、門谷村、河内村、御又村、小城村、二連原村、森本村、坊岡村(現・豊岡市)
    • 中竹野村 ← 林村、下塚村、東大谷村、金原村、轟村、小丸村、鬼神谷村、須谷村、芦谷村、阿金谷村、和田村、羽入村、松本村、草飼村(現・豊岡市)
    • 竹野村 ← 竹野村、切浜村、浜須井村、奥須井村、宇日村、田久日村(現・豊岡市)
    • 奥佐津村 ← 九斗村、米地村、丹生地村、下岡村、上岡村、隼人村、畑村、三川村、土生村、本見塚村(現・美方郡香美町)
    • 口佐津村 ← 相谷村、安木村、訓谷村、無南垣村、浦上村、上村、沖浦村(現・美方郡香美町)
    • 香住村 ← 境村、一日市村、若松村、香住村、七日市村、森村、間室村、油良村、矢田村、下浜村(現・美方郡香美町)
    • 長井村 ← 守柄村、加鹿野村、三谷村、大谷村、大野村、小原村、中野村、藤村、八原村(現・美方郡香美町)、久斗山村(現・美方郡新温泉町)
    • 余部村 ← 余部村、鎧村(現・美方郡香美町)
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 郡制の施行のため、城崎郡・美含郡・気多郡の区域をもって、改めて城崎郡が発足。同日美含郡廃止。

脚注[編集]

  1. ^ 「角川日本地名大辞典」。
  2. ^ 旧高旧領取調帳」は但馬国分が欠けているため、木村礎の手により「天保郷帳」をもとに作成され、「日本史料選書11 旧高旧領取調帳 近畿編」(近藤出版社、1975年)に掲載されたデータが国立歴史民俗博物館によりデータベース化されている。
  3. ^ a b c 記載は丹生を冠称。
  4. ^ 油良村・油良村出作に分かれて記載。
  5. ^ 守柄村・守柄村出作に分かれて記載。
  6. ^ 加鹿野村・加鹿野村出作に分かれて記載。
  7. ^ 「旧高旧領取調帳データベース」には記載なし。
  8. ^ 浜須井村・奥須井村の総称。本項では2村に数える。
  9. ^ 須谷村・円通寺村に分かれて記載。円通寺村は「旧高旧領取調帳データベース」では空欄(幕府領)となっているが詳細不明。
  10. ^ 記載は川田村だがおそらく誤記。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
城崎郡