山神社 (豊岡市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山神社
所在地 兵庫県豊岡市日高町山宮409番地3
位置 北緯35度29分23.3秒
東経134度42分11.7秒
座標: 北緯35度29分23.3秒 東経134度42分11.7秒
主祭神 句句廼馳命
社格 式内社名神大
村社
創建 欽明天皇2年(540年?)2月9日
本殿の様式 流造柿茸
例祭 10月9日
地図
山神社の位置(兵庫県内)
山神社
山神社
テンプレートを表示

山神社(やまじんじゃ)は、兵庫県豊岡市日高町にある神社。式内社名神大社)、旧社格村社。但馬に十社ある名神大社のひとつ。

概要[編集]

市指定天然物となっている山神社社叢は、広大な境内に 朴(ホオノキ)の巨木が茂り、見事である。

祭神[編集]

句句廼馳命(くくのちのみこと) 『国司文書・但馬神社系譜伝』には、天皇の皇子で山ノ公の祖 五十日帯彦命

歴史[編集]

『国司文書 但馬故事記』(第一巻・気多郡故事記)に、 人皇35代舒明天皇の3年秋8月、垂仁天皇の皇子 五十日帯彦命の裔 山公峯男をもって、多遅麻国造となす。 山部を管(つかさ)どる山公峯男は、その祖 五十日帯彦命を太多村に祀り、山宮と称えまつる。

『国史文書・但馬神社系譜伝』(第一巻・気多郡神社系譜伝)に、 山ノ神社 気多郡山守部村鎮座 祭神 五十日帯彦命 人皇十六代応神天皇の御世、但馬国気多郡に山守部を置く。人皇三十五代舒明天皇の三年秋八月、但馬山守部の山公峰男これを祀る。 垂仁天皇は、丹波道主命の娘畑入姫命を娶り、五十日帯彦命を生む。山ノ公の祖なり。

但馬国官幣社について[編集]

『延喜式』3(臨時祭)・名神祭条〔28〕

名神祭二百八十五座。粟鹿神社一座。夜夫神社二座。伊豆志神社八座。 山神社一座。戸神社一座。雷神社一座。 [木蜀]椒神社一座。海神社一座。已上但馬国。

摂末社[編集]

稲荷神社

文化財[編集]

山神社社叢 市指定天然物

所在地情報[編集]

所在地
  • 兵庫県豊岡市日高町山宮409番地3
交通

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • [1](兵庫県神社庁)
  • [2](國學院大學21世紀COEプログラム 神社史料集成)